6月25日の観察会

6月25日の観察会はカンカン照りの真夏日の中、参加者29名、RBCの取材班5名、スタッフ4名の38名が集まり、終始和やかな雰囲気で実施されました。





f0338188_15362654.jpg

いつものように海の危険生物や注意事項を説明して海に向かい、





f0338188_15370694.jpg

海辺の岩場でゴマフニナの生活を説明していると、



f0338188_15383500.jpg

キバアマオブネの白い卵のうが一杯産み付けられていてビックリ!





f0338188_15393803.jpg

岩場にたくさんあいた穴はカニや岩の中に住み込んだ二枚貝の住み家で、沖縄のきれいな海を作る一員だということを知って、またもやビックリ!





f0338188_15371222.jpg

湧き水の湧きだしている冷たい海に入り、たくさんのヤドカリと遊び、イシヨウジのオスがお腹に卵を抱えているのを見てもらい、とても盛り上がりました。





f0338188_15363109.jpg

ナマコにたくさん出会い、クロナマコを触ると固くて紫色の汁を出すのに、





f0338188_15363529.jpg

ニセクロナマコは大きくてブヨブヨしていて食べると毒を持っているし、





f0338188_15364167.jpg

オオイカリナマコはチクチクするイカリ状の骨片を持っていることなどの違いを触れて知りました。





f0338188_15364629.jpg

海底から出たドロドロした袋状のゴカイの卵のうは、





f0338188_15365087.jpg

透かして卵の粒を見ようとするとドロドロして手のひらからこぼれ落ちるのを「鼻水だ~!」と言って子どもたちは大喜びで、何度も繰り返して楽しんでいました。




f0338188_15424670.jpg

カニのソデカラッパは上手に砂に潜り、目を砂から出してヤドカリを待ち伏せ、ヤドカリがやってくるとペンチのような爪で貝殻を割って食べることを説明すると、とても興味深そうにしていました。





f0338188_15425917.jpg

1~2cmの穴に棲んだ赤いトゲアナエビに海草のエサをやる時の引く力を楽しむ「トゲアナエビ釣り」の遊びはみなさん夢中になって楽しみ、





f0338188_15432006.jpg

次に進めないくらい熱中しているのにビックリ!






f0338188_15450855.jpg


最後に大きなブロックに住みついたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどの生きものの説明をしていると、





f0338188_15442362.jpg

みなさん海水浴を楽しみだしていました。





f0338188_15443860.jpg

そこに、タカラガイ(宝貝)のキイロダカラが見つかり、隊員のMさんが解説していると





f0338188_15444538.jpg

その貝殻で上手に貝笛にする奥さんがいて「携帯などのない時代にはこの貝笛で恋人同士の連絡や子どもを呼び家に帰らせる合図に使っていた。」と話しながら実演し、





f0338188_15451316.jpg

吹き方を教えて下さいました。





f0338188_15451818.jpg

岸に上がって最後に危険な場所の説明の後、RBCの取材インタビューに3つのファミリーが応じて下さり、




f0338188_15452291.jpg

その内容を含めて今日の取材が7月7日(金)の10時30分からの3チャンネルの「海DO宝」で放映予定なので、みなさんぜひご覧下さ~い。




みなさん、お疲れさまでした。




[PR]
by kamijiasobi | 2017-06-26 10:31 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!