環境保全シンポジウム

「アマモ場再生活動から見える地球温暖化防止」のシンポジウムが沖縄産業支援センターであり、

f0338188_02090160.jpg

Aさんと出かけると平日にかかわらず30人を超える人が集まっていてビックリ!



f0338188_02080329.jpg

講師の方は「TV・鉄腕ダッシュ!」に出ている有名な木村尚氏で、


f0338188_02080792.jpg

東京湾や横浜で企業の協力を得て、二酸化炭素の定着率が一番高い「海の森」と言われるアマモ場に注目し、


f0338188_02082135.jpg

アマモ場の再生活動に取り組んだことを紹介して下さいました。


f0338188_02081272.jpg

面白かったのは人工干潟付きマンションの建設やこども達が安全に遊べる干潟公園づくりに取り組んでいることで、



f0338188_02083193.jpg

全国各地の豊かな自然で遊び育った人たちが自然や人にやさしく、豊かな活動ができる人材となり、日本の各企業を支えるという趣旨のお話が印象的でした。



f0338188_02082784.jpg

また、東京湾を自然豊かな世界遺産にすることを目指し、3000万人で割ると一人たったの500m
を担当すればいい訳で、「東京湾大感謝祭」を毎年開催して多くの仲間を迎え、タイトルの「アマモ場再生活動から見える地球温暖化防止」を目指しているというスケールの大きい夢のあるお話でした。



f0338188_02113930.jpg

二番目はNPO法人おきなわグリーンネットワークの理事長の西原隆さんで、カーミージーの海の観察会にも参加して頂いたことのある顔なじみの方でした。



f0338188_02114571.jpg

沖縄特有の赤土は海に流出するとサンゴの生育に大きなダメージをもたらすので、



f0338188_02114979.jpg

それを食い止めるために「グリーンベルト植栽活動」で地域を巻き込み、こどもたちといっしょに取り組んで、



f0338188_02115305.jpg

人材育成と環境教育を重視しているようすを分かりやすく説明して下さいました。



f0338188_02115735.jpg
「美ら海」は「美ら島」から!の言葉が印象的でした。



f0338188_02120939.jpg

休憩をはさみ、講演した二人の活動に助成金を提供しているセブンイレブン記念財団の小野弘人氏がコーディネーターになり、3人のリレートークとなりました。


セブンイレブン記念財団の紹介をした中で、店に置かれた募金箱に1日1店に平均60円集まり、全国の2万店舗で1年間に集まる募金は4億6千万円にのぼり、この資金で環境保全活動を行う団体に資金援助していることにビックリ!


私も宮古島でのシンポジウムに参加(
2015.1.19、参照)し、現在の「カーミージーの海で遊び隊」の活動に生かすヒントをたくさん頂いたことを懐かしく思い出しました。



f0338188_02121650.jpg

3人のリレートークは豊かなお話ばかりで、結局は子供たちを育てる教育の大切さ!であり、10年後、20年後を見据えた取り組みを継続することが大切だということのようでした。


この点では私たちの「カーミージーの海で遊び隊」も同じ方向を向いた活動をしているね!ということをAさんと確認し合いながら帰路につきました。


長時間でしたがとても有意義なシンポジウムでしたし、開催の労を取って頂いた「カーミージーの海で遊び隊」のKさんはじめ、「沖縄県公衆衛生協会」のみなさんに感謝いたします。

ありがとうございました。






[PR]
by kamijiasobi | 2017-07-04 19:03 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!