新コースの下見

道路工事が最終段階に入り、今までの話し合いで、8月8日から8月11日の

4日間は工事現場のご厚意で工事を中断して観察会のために現場を通行させてもらえることになり感謝しているところですが、8月20日と9月18日、10月7日や11月と12月の夜間の観察会は工事現場を通行できないため、カーミージーの岩場の方の新コースを設定するための下見にAさんと出かけました。


f0338188_23440228.jpg


今までにない観察ポイントは大正時代から石材を切り出した「石切り場跡」が2か所みられることです。



f0338188_23440757.jpg

柔らかい粟石(あわいし)という12万年前の琉球石灰岩を干潮時に切り出し、満潮時に船に乗せて運びだした歴史・文化遺産です。



f0338188_23452756.jpg


柔らかい石なので自然の力でも回転する石で削られた甌穴(おうけつ)や


f0338188_23455232.jpg


台風時などの嵐の波で削られてできたノッチと呼ばれる「浸食地形」がみられることが特徴です。



また、下見をするとここもたくさんの湧水が湧いていることが確認できました。



f0338188_23473599.jpg


さらに岩場を歩いてみるとタカラガイがたくさん見つかり驚いていると、



f0338188_23473919.jpg


たったの10分程で8種類も見つかりビックリ!



f0338188_23481974.jpg


白いものが目立つので近づいてみると高水温のためソフトコーラルが白化していました。



f0338188_23485325.jpg


カメが伏せたように見えるカーミージーの方に出ると



f0338188_23502449.jpg


オハグロガキや



f0338188_23492075.jpg


クロフジツボがびっしり張り付いている岩場がありました。



f0338188_23514328.jpg


足元の岩場に目をやるとやたらと赤い目をしたケブカガニがたくさん目に入り、



f0338188_23514678.jpg


お腹を見ると黒い卵を抱いたメスが多いのにもビックリ!



f0338188_23524335.jpg


岩をめくってみるとアマオブネがたくさんの白い卵の袋(卵のう)を産み付け、



f0338188_23524686.jpg


カニの赤ちゃんや



f0338188_23531484.jpg


灰色の体に黒点のあるコクテンフグの赤ちゃん、



f0338188_23540977.jpg


ナガウニなどがたくさん見られました。



f0338188_23543889.jpg


いつもの観察会の最後に「危険な場所!」ですよと紹介している場所を実際に歩いてみると水流で足がすくわれそうになることも体験し、



f0338188_23543471.jpg


たくさんのサンゴが白化しているのにもビックリでした。



f0338188_23555691.jpg


最後に、岩にたくさん張り付いたヘリトリアオリガイの集団と



f0338188_23563127.jpg


ゴマフニナの集団もみられました。



f0338188_23571480.jpg


今までの観察ルートのようなトゲアナエビやソデカラッパのような二大スターはいないものの観察会が可能と判断し、足元が悪いので11月12月の夜間の観察会は残念ながら中止せざるを得ない!という結論に達しました。



[PR]
by kamijiasobi | 2017-08-08 09:57 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!