8月8日~11日の観察会

台風5号が通り過ぎ、カンカン照りの真夏日の4日間に夏休みのこども向けの観察会がありましたので、まとめて紹介します。



f0338188_00235702.jpg
8月8日は西原児童センターのこども達12名と職員さん2名とスタッフの4名の合計18名が集まり、



f0338188_00241887.jpg
8月9日は若草児童センターのこども達10名と職員さんたち7名とスタッフの4名の合計21名が集まり、



f0338188_00243255.jpg
8月10日は緑が丘自治会のこども達7名と役員さんたち3名とスタッフの4名の合計14名が集まり、



f0338188_00244059.jpg
8月11日は受付初日で定員一杯になったという中央公民館の親子講座の30名と職員さん2名とスタッフの4名の合計36名が集まり、毎回元気に観察会を実施しました。



f0338188_00310540.jpg
この間、道路工事が本格化し、通行止めになっている工事現場を通してもらうばかりか、



f0338188_00312418.jpg
大きな段差に階段をかけて安全に海への出入りができるようにして頂き、感謝感激でした。



f0338188_00313286.jpg
本当にありがとうございました。



f0338188_00335830.jpg
台風の影響の強風が吹いてくれ暑さは少し和らいでくれたようでしたが、海水温はお風呂のようで、海水浴を楽しむ姿も見受けられ、



f0338188_00370867.jpg


毒針を持つ大きなイモガイが熱中症で3個も死んでいるのが見つかり、臭くて臭くてビックリ!


みんなに見せようとつまんでいた指の臭さはなかなか取れませんでした。



f0338188_00384224.jpg
最初の岩場で、干潮時には乾燥を防ぐために集団を作るが、潮が満ちて来るとばらばらになって食事をするというゴマフニナや



f0338188_00391608.jpg
たくさんあいた穴がカニや二枚貝の住み家できれいな海を作っていることを学びました。



f0338188_00400139.jpg
海に入るとたくさんのヤドカリがいてて、みなさん嬉しくて興奮気味でした。



f0338188_00404276.jpg
砂地にクロナマコや



f0338188_00411030.jpg
ニセクロナマコ、



f0338188_00413977.jpg
オオイカリナマコ、



f0338188_00421150.jpg
トゲクリイロナマコなどがいて触れてみてその違いがよく分かりました。



f0338188_00425998.jpg
みなさん砂や泥の栄養を採ってきれいなウンコをして沖縄のきれいな海を作ってくれていることも知りました。



f0338188_00432923.jpg
貝(ホウシュノタマガイ)の卵塊の砂茶わんや



f0338188_00441121.jpg
その産みの親のホウシュノタマガイと卵を抱いたテッポウエビ、



f0338188_00451151.jpg
岩穴の中に棲むナガウニ、



f0338188_00454239.jpg
ウニの死骸、



f0338188_00460367.jpg
シャコパンチの鋭いフトユビシャコ、



f0338188_00462684.jpg
沖縄の赤瓦屋根のようなカワラガイ、



f0338188_00470639.jpg
食べると毒が強い赤い目を持つケブカガニ、



f0338188_00473301.jpg
大きなリュウキュウザルボウガイや



f0338188_00483100.jpg
昔はお金として使われた歴史のある宝貝のキイロダカラ、



f0338188_00485242.jpg
そのキイロダカラを使った貝笛の実演もあり、



f0338188_00492082.jpg
生きた大きなイモガイ、



f0338188_00494113.jpg
5本の腕を振り動かすクモヒトデ、



f0338188_00500507.jpg
海草の上に棲む小さな巻貝のキンランカノコ、



f0338188_00503422.jpg
二本のかわいい目を持つクモガイなどのたくさんの生きものに出合い、



f0338188_00510500.jpg
砂もぐりの名人技を使い、



f0338188_00513833.jpg
ヤドカリを襲って食べるソデカラッパの砂もぐりの名人技を何度も楽しみ、



f0338188_00520634.jpg
ちゃんと2個の目だけを出してヤドカリを待ち伏せる様子も観察できました。



f0338188_00530727.jpg
みなさんが一番熱心に取り組んでいたのは海草のリュウキュウスガモで1~2cmの穴に棲む赤いトゲアナエビと綱引きをする「トゲアナエビ釣り」でした。



f0338188_00551039.jpg
これは子どもも大人も夢中になって楽しめる遊びで、沖縄ひろしと言えどもここカーミージーの海だけの素晴らしいものなのですよ。



f0338188_00554490.jpg
さらに、高さ2m以上もある大きなブロックの表面に着いたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイはみんな生きていて潮が満ちると盛んに食事をしてきれいな海を作ってくれていることや



f0338188_00561808.jpg
海のミミズのタマシキゴカイが出すモンブランのようなウンコの山が無数にあるのもきれいな海づくりに貢献していることを学びました。



f0338188_00570509.jpg
おもしろかった~~!またきた~い!の感想がたくさん出される中、観察会が無事に終わることができました。


f0338188_00583411.jpg

みなさん、お疲れさまでした。


f0338188_00574642.jpg
みなさん、ありがとうございました。




[PR]
Commented by 武部ココ at 2017-08-14 23:02 x
海の豊かさを体験出来る講座を開けたのは、他ならぬ、浪岡先生始め、カーミージーの海で遊び隊の方々のお陰です。本当にありがとうございました。
ピンポイントで地元の人々が、地元の自然の豊かさを体験出来る機会はとても貴重です。

カーミージーは開発真っ只中。
ある意味、沖縄の現状を縮尺していいる様で。。

海に住む生き物達は懸命に生きて、自然を作り上げてくれます。
私達人間が気づく機会を、今講座にて伝えて下さり、この活動に感謝の気持ちで一杯です。

「体験からしか学べない 」

その通りですね。
今後とも、カーミージーの海で遊び隊の皆様のご活躍を応援しています!!

ありがとうございました!!!✨
by kamijiasobi | 2017-08-12 22:21 | Comments(1)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!