カクレクマノミ健在!

新しく見つけたカクレクマノミに出会いに行きました。

f0338188_1141484.jpg

途中、大きな岩の表面にたくさんのイソアワモチがいてビックリ!

f0338188_11545.jpg

みなさん何匹いるかわかりますか?

f0338188_116128.jpg

そして、カクレクマノミのすむイソギンチャクの場所に着き、探しましたが見当たりません?!

一時間以上かけてあたりを探し回りましたが見当たらないので、今日はあきらめて帰ることにしました。

翌日も潮が引くのを待ちかねてカーミージーの海に繰り出し、今日は少し南側を探してみました。

f0338188_1164872.jpg

少し場所の覚え間違いをしていたようで、ほどなくカクレクマノミに再会できました。

f0338188_117119.jpg

小さなイソギンチャクに、まだ一人住まいのようですが、指を近づけると1cmほどの小さな体ながらこちらにかみついて威嚇の攻撃をしてきます。

勇敢なやつで今後が楽しみで~す。

f0338188_118822.jpg

後は、ほっとしてカーミージーの海の散策を楽しみました。

f0338188_1125075.jpg

砂地にはニコニコマークも見つけ、嬉しくなりました。

f0338188_1134919.jpg

岸に戻ってくると、ファミリーのグループが楽しんでいるのに出会い、危ない場所を教えてあげましたが、早くパンフレットを渡してあげたい!と思いました。
[PR]
by kamijiasobi | 2014-09-30 21:58 | Comments(0)

パンフレットの原稿提出

ひと月遅れになっていた「カーミージーの海で遊び隊」の生きものパンフレットの原稿や写真をやっと印刷会社に手渡すことができました。

f0338188_10552026.jpg

資料を手渡して解説しながらこちらの意図や思いを聞いて頂き、後はプロの熟練の技にお任せ下さい!ということになり、ホットしました。

f0338188_10572527.jpg

さらに、「カーミージーの詳しい地図を作ろうとグーグルの航空写真をトレースしようと思っている。」ことを話すると、「それは簡単にできるソフトがありますので、少し時間をもらえれば提供できます!」とおっしゃって頂き、本当に肩の荷が下り、ほっと一息つくことができました。

後は会社にお任せし、ゲラ刷りが出来上がるのを待つばかりです。

楽しみですね!
[PR]
by kamijiasobi | 2014-09-25 10:51 | Comments(0)

強盗団出没!

新しく見つけたイソギンチャクとクマノミのようすとグルクンの幼魚の群れを見たくてカーミージーの海に出かけました。

f0338188_23584840.jpg

今日も水深10~15cmほどに数万匹のグルクンの幼魚の群れがいて、龍が暴れるように動き回り、

f0338188_23594537.jpg

水面がさざ波だって見えています。

f0338188_00887.jpg

そばには水鳥がこのごちそうにありつこうとしていますし、

f0338188_003968.jpg

動き回って岩にあたって脳しんとうを起こし、海藻に引っかかった幼魚にベニツケガニとソデガラッパが襲い掛かって食べ始めました。

f0338188_01151.jpg

その幼魚を拾い上げるとハサミの切れ込みも鮮やかに料理されていてビックリ!

自然の命の循環に無駄がないことを知りました。

f0338188_014498.jpg

新しく見つけたイソギンチャクとクマノミが元気にしてくれていたのが嬉しかったです。

f0338188_02438.jpg

他にもいないかと周りの岩場や海を一時間ほどかけて探し回りましたが、どうもいないようでした。

最後にいつものイソギンチャクとクマノミのようす見に行ってビックリ!!

f0338188_02294.jpg

イソギンチャクごとクマノミもごっそり持ち去られていました。

f0338188_024764.jpg

悪質な業者の仕業のようでがっくり!で残念でなりません!

仲間うちでもこんなことが起こりうるからと、TVの取材時には場所が特定されないように気を付けるようにしてきたのですが、悪い奴にはかないませんでした。

良かれと思ってTV取材にも応えてきましたが,反省しなければなりませんね。

f0338188_031363.jpg

もう、たくさんの人にイソギンチャクとクマノミが見てもらえなくなってごめんなさい!
[PR]
by kamijiasobi | 2014-09-11 23:56 | Comments(0)

RBCの取材

先日、テレビの3チャンネルの琉球放送(RBC)からカーミージーの海の取材の依頼があり、9月9日に取材を受けました。

いつもの観察会のようにカーミージーの海の豊かな生き物について解説していくのを3時間ほど収録し、それを5分間の番組にまとめるということで、スタートしました。

民放なので、スポンサーのオリオンビールのキャンペーンガールといっしょにというのが、NHKとちょっと違っていました。

f0338188_17134163.jpg

海に入る前の岩場にキャンペーンガールがルリマダラシオマネキを見つけたので、何もいないような岩場にもたくさんの穴をあけて貝やカニやエビの仲間たちが生活していることを説明し、トゲアナエビ釣りを楽しんでもらいました。

f0338188_1715186.jpg

岩をめくるとたくさんのタカラガイや、カニや小魚やシャコが飛び出してきてこの岩が大事な住み家なので、そっと元に戻すことを紹介しました。

f0338188_1715285.jpg

キャンペーンガールはナマコが大の苦手らしいのですが、出会ったナマコたちは砂の汚れや養分を摂って生活し、きれいな砂を糞として出し、結果的に沖縄のきれいな海を創る役割を果たしていることを紹介しました。

f0338188_17153982.jpg

また、キャンペーンガールが小さな砂山がたくさんあることを不思議に感じたようで、この砂山はナマコと同じようにゴカイの仲間たちが砂の汚れや養分を摂って生活し、きれいな砂を糞の山として出したもので、

f0338188_17154433.jpg

新しいものは「モンブランのようなもの」だと紹介すると、「こうして沖縄のきれいな海ができているんですね!知らなかった!」と感動されていました。

f0338188_17163189.jpg

イソギンチャクにすむカクレクマノミにも感動されていましたが、今回はカメラには写さずに「見たい方はカーミージーの海の観察会に参加して下さい。」と結ぶ予定だと聞かされ、粋な企画に感心しました。

f0338188_17163673.jpg

帰り道でさっきのイソギンチャクの4分の1ぐらいのイソギンチャクに一匹のカクレクマノミが棲んでいるのを発見し、とても嬉しかったで~す。

f0338188_17171564.jpg

また、グルクンの幼魚が何万匹という集団をつくり、10cmほどの水深を逃げ惑う姿が「龍が暴れている!」ように見え、これにも全員が感動しました。

f0338188_17171781.jpg

こうして、毎日来ても飽きることのない海の魅力をいっしょに体感し、取材が無事終わりました。

9月21日の日曜日の昼の12時54分からの5分間の「海人の宝」で放映され、
再放送が9月27日のAM2時だそうなので、みなさんも是非ご覧下さい。
[PR]
by kamijiasobi | 2014-09-10 17:13 | Comments(0)

9月7日の観察会

観察会の前日から熱帯低気圧の接近で、土砂降りの大雨が1日中降っていましたが、なぜか天気予報は「晴れのち曇り!」と出ていたので安心していました。

9月7日の当日になっても朝6時頃は雨が降っていましたが、雨雲レーダーの映像を見ると雨雲がどんどん沖縄から遠のいて行くのが分かり、これは大丈夫!と確信しました。

ところが8時ころに震度1の地震があってから、キャンセルの電話がどんどんかかって残念!

f0338188_1241090.jpg

集合の1時間前に諸準備に現場に行くと、まだ大雨と強風がひどく、

f0338188_12421651.jpg

「遊び隊」ののぼりを立てるのもやっとでした。

f0338188_12424648.jpg

そんな中でも受け付けを開始し、危険生物の写真などを貼り付けていると雨が上がり出してくれ、ほっとしました。

f0338188_12434990.jpg

結局、キャンセルが13名あり、当日の参加者は48名となり、注意事項を伝えて2班に分かれて観察会をスタートすると、

f0338188_12442223.jpg

岸辺ですぐにルリマダラシオマネキを発見してみんなで観察することができました。

f0338188_12445044.jpg

海に入ると強風に海面が波立っていましたが、

f0338188_12451175.jpg

海草のリュウキュウスガモでトゲアナエビ釣りをたっぷり楽しんでもらいました。

f0338188_12453035.jpg

それからはクロナマコやニセクロナマコに出会い、触って感触を確かめながら、砂の汚れを栄養として取り込んで、沖縄のきれいな海を創る役割を持っていることを知りました。

f0338188_1246777.jpg

また、オオイカリナマコにも出会い、イカリのような骨片でチクチクする感触もみなさん積極的に楽しんでいました。

f0338188_12462815.jpg

岩を起こしてみると、タカラガイが隠れていたり、

f0338188_12464399.jpg

貝の卵が産みつけられているのも観察し、生きものの隠れ家の岩を元に戻すことも学習しました。

f0338188_1247837.jpg

関心が高かったのはカニのソデガラッパで、

f0338188_12474446.jpg

忍者のように砂もぐりが上手で、目だけ出してヤドカリを待ち伏せ、ペンチのような爪で貝殻を砕いてヤドカリを食べてしまうことや

f0338188_12481115.jpg

砂茶碗が肉食のタマガイの仲間の卵と砂を粘液で固めた芸術作品だということにみなさんビックリでした。

f0338188_12483339.jpg

他にもイソアワモチもたくさん見つけ、クモガイやオニヒザラガイを見つけることができました。

f0338188_12491442.jpg

そして、普段見ることのできないイソギンチャクにすむニモとして有名なカクレクマノミに辿り着きました。

f0338188_12494376.jpg

ここから引き返し、新たにハボウキガイを見つけたり、もう一度トゲアナエビ釣りを楽しんだり、自分で岩を起こしてみたりと楽しみながら岸に戻り、反省会をしました。

f0338188_1250313.jpg

大人もこどもも楽しかった!ことと、こんな身近に素晴らしい自然が残っていることに驚き感心したり、こんなところは埋め立てずに残したい!という感想も出る、有意義な観察会を終えることができました。

今回も市に依頼していたトイレの設置が間に合わなかったのが残念でした。
[PR]
by kamijiasobi | 2014-09-07 21:35 | Comments(0)

観察会の参加希望者数

今回の9/7のカーミージーの海の観察会参加希望者数が分かりました。

f0338188_12182025.jpg

一番多かったのはタイムスの8/21付のホームプラザの行事案内からの申し込みで、次に多かったのはNHKニュースでの6分間のカーミージーの海の紹介を見たという人たちでした。

こうしてみるとマスコミの持つ力の大きさを痛感します。

f0338188_1219592.jpg

ところがひと月早いタイムスの8/6付の行事案内ではあまり申し込みがなく、意外な市の環境学習に参加して知ったという方や市の西海岸埋め立てのワークショップに参加しての参加者がいたことが嬉しかったです。

f0338188_12221128.jpg

また、チラシを見た!という方や

f0338188_12222333.jpg

カーミージーの海の出入り口にはったポスターを見て「ここではよく釣りをするのですが、一度歩いてみたかった!」という方や

f0338188_12235673.jpg

「ラジオ体操に参加し、自治会の掲示版を見て参加したくなった!」という方もいてこまめな広報活動の大切さも痛感しました。

そんな訳で今回、嬉しいことに103名の参加希望者に膨れ上がりましたので、急きょ講師を2名にし、60名の方を今回受け入れることになり、後の方は申し訳ありませんが次回の参加をお願いしました。

それと、前回も参加して下さった方が、「説明が解り易くて、とても楽しかったから!」とリピーターになって下さったことも嬉しかったです。

熱帯低気圧が接近中で明日の観察会が心配ですが、何とか実施できることを祈っていま~す。


・タイムス8/21付のホームプラザ   36名
・NHKニュース             21名
・市の環境学習              12名
・チラシ(市役所、中央公民館、友人)  12名
・市の西海岸埋め立てのワークショップ 7名
・ブログ                  5名
・ポスター(海、自治会)          5名
・タイムスの8/6付の行事案内       5名  
        計           103名

・リピーター                4名
・タイムスなど取材             4名
[PR]
by kamijiasobi | 2014-09-06 18:14 | Comments(0)

NHKの放映の反響

9月3日のPM6時10分からのNHKの「おきなわ HOT eye」で三番目に「カーミージーの海」のことが5~6分間取り上げられました。

友人からは夜の「おきなわ845」で見たとTELがありましたし、9月4日のAM11時45分からのNHKのニュースで放映されました。

よくまとめている!と思いましたが、「カーミージーで寝転がっていたのは変だよね!」とか「黒メガネで出ていてヤクザみたいだった!」と、周りからの感想が聞かれました。

元新聞記者だった先輩が「テレビの5分は新聞1ページ分の情報量がある!」と教えてくれましたが、翌日からの観察会の参加希望者が21名にのぼり、ビックリ!

f0338188_11593397.jpg

また、観察会の保険をかけに行くと係のおばさんが、「あんなにきれいな海がすぐそばにあるとは知りませんでした。カクレクマノミはご自分で飼っているようなものですね。」とか「こどもが小さい時に知っていれば参加したかったです。」と感想を伝えて下さいました。

f0338188_1253100.jpg

テレビの反響の大きさにビックリ!!
[PR]
by kamijiasobi | 2014-09-05 18:56 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!