第22回の観察会

カーミージーの海で遊び隊の第22回の観察会が、好天の8月30日に催されました。

f0338188_14512557.jpg

38名の参加者の中には「楽しかったからまた来ました!」というリピーターの親子連れも多くなり、嬉しい限りでした。

f0338188_15381933.jpg

海辺の岩場に生きたいっぱいのゴマフニナが群れているのを見た後、

f0338188_1538463.jpg

しゃがみ込んでたくさんの穴からカニの赤ちゃんが這い出して来るのを待ち、

f0338188_15391281.jpg

岩場がカニの巨大マンションだ!ということを確認して海に入りました。

f0338188_15393430.jpg

海の中の岩をめくるとイソギンチャクやセダカガイがくっついていて、

f0338188_1540679.jpg

珍しいウミウシの仲間のチドリミドリガイもいてみんなで熱心に囲んで観察しました。

f0338188_15403738.jpg

ちくちくするオオイカリナマコや

f0338188_1541564.jpg

黒くて小さいフグの赤ちゃんもいて、

f0338188_15413235.jpg

海の中を少し歩くと、岩場にきれいな蛍光ブルーのルリスズメダイを発見し、水を濁らせないように遠巻きにして観察しました。

f0338188_15415483.jpg

爪や足が欠けたタイワンガザミに出合いましたが、脱皮時に爪や足は回復するとは言え、それまで外敵に襲われることもあるので、みんなが心配していました。

f0338188_15421468.jpg

今日の参加者のみなさんはとても積極的で、「これ何?」「これ何?」とよく聞いてくれるのですが、「ちょっと待ってね、順番を守ってよ!」というと、大きい二枚貝をおっぱいのかっこうにして、おちょけながらしっかり待ってくれていて、ルールを守ることも覚えてくれたようでした。

f0338188_15425232.jpg

最後は、みんなでトゲアナエビ釣りに取り組み、

f0338188_1543857.jpg

「よく引く~~!」「エサを取られた!」と大人も子供も夢中になって楽しみ、

f0338188_15432449.jpg

観察会を無事終えることができました。

また、今日の観察会の参加者の中から、埼玉県出身の61歳の男性が「お手伝いできることがあれば!」と会員になることを申し出て下さいました。

f0338188_15434046.jpg

嬉しい限りで、バンザ~~イ!
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-30 22:48 | Comments(0)

環境教育講座の観察会

浦添市の環境教育講座を担当している会社から、講座の中の「カーミージーの海の観察会」を受け持ってほしいという要請がありました。

f0338188_10436100.jpg

「遊び隊」の認知度の高まりとともに、最近こうした要請を受けることが多くなり、違った意味で忙しくなって来ています。

f0338188_10451427.jpg

港川自治会館での講義は会社の方がカニとナマコの話を中心に担当され、受講者は教育関係者を中心に社会人を対象にしたものでした。

f0338188_10452687.jpg

カーミージーの海に出かけ、岸辺の岩場がカニや貝の住みかだということを説明し、そこに座り込んでたくさんの穴をじっくり観察しているとカニの赤ちゃんが姿を現し、そばからルリマダラシオマネキの若い個体が2匹出てきました。

f0338188_10455754.jpg

海に入って岩を起こすとセダカガイやイソギンチャクや藻類がたくさんついていたり、貝のテングニシの卵のう、

f0338188_10461442.jpg

ケブカガニ、

f0338188_10462327.jpg

珍しいハート型のリュウキュウアオイなどにであいました。

f0338188_10512542.jpg

ナマコでは、クロナマコとニセクロナマコを実際に手に取って復習をし、オオイカリナマコも手にすることができました。

f0338188_1052269.jpg

大岩に住むフジツボ、オハグロガキ、オニヒザラガイの観察後、

f0338188_10521839.jpg

トゲアナエビ釣りを楽しんだ帰り道で、

f0338188_10523146.jpg

超ビッグな毒針を出すイモガイや

f0338188_10524270.jpg

砂茶わん、

f0338188_1052534.jpg

毒を持ったフグのキタマクラに出合い有意義な観察会を終えることができました。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-29 22:40 | Comments(0)

パンフレットの完成報告

パンフレットの完成報告に市長さんを訪問しました。

f0338188_21323224.jpg

仲介の労をとって下さったのは去年と同じ比嘉譲治市会議員さんで、顧問の銘苅港川自治会長さんといっしょに出掛けました。

35万7千円の助成金を頂き、その内の28万7千円で1万部のパンフレットが完成したことを報告し、お礼を述べました。

f0338188_21354545.jpg

環境省のレンジャーの方が、「このパンフレットを手にすると、カーミージーの海に行ってみたくなる!」と言っていたものを改訂し、さらに充実させたこと、

このパンフレットを手にしてたくさんの小中学生や市民がカーミージーの海の観察会に参加し、現在850人に達したこと、

「遊び隊」の定例の観察会以外に中央公民館、自治会、子ども会、児童センター、ひまわり学童クラブ、地域中学生キャンプ、ボーイスカウト、地主会などの観察会へ広がりを見せていること、などを報告していると、市長さんの方から「カーミージーの海は大切にしたいですね。」と言ってきました。

f0338188_21361014.jpg

最近の「人工ビーチを西向きにし、軍港を那覇市側に持ってくる」という「浦添市案」が港湾管理組合に受け入れられない!という新聞報道があったせいか、以前に比べ明らかに市長さんの姿勢がトーンダウンしているように感じました。

さらに、最近の観察会が県の各部署からの依頼で開催されていることも報告すると、「県にもいろんな部署があるので、遊び隊の方からも県の方に働きかけていって下さいよ。」と逆に要請されました。

そこで、「市長さんもカーミージーの海で私たちといっしょに遊び、観察会をしたり、港川自治会といっしょに100艇のカヌーを並べて遊んで、カーミージーの海の大切さをアピールしていきましょうよ。」と提案しました。

f0338188_21374875.jpg

また、今回のパンフレットを未配布の小学1年生と中学2・3年生に配布すると、市内の義務教育を受ける児童生徒全員に配布できたことになると話を進めると、市長さんの方から「教育長に配布を依頼してあげましょう!」と言って頂き、教育委員会の方で配布していただけることになり、感謝感激でした。

f0338188_21381613.jpg

とても意義のある市長さんへの表敬訪問となりました。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-26 21:31 | Comments(0)

パンフレットの完成

今年度の市の助成金で「カーミージーの海の生き物たち」のパンフレットの改訂版の1万部の増刷が完成しました。

f0338188_17525489.jpg

孫もいっしょに完成を祝ってくれました。

嬉しい限りで、さっそく市長さんに報告しようと思っていま~~す。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-17 17:51 | Comments(0)

軍港地主さんの学習会

那覇軍港の地主さんの二代目三代目の方々が、「那覇軍港に代わる浦添軍港の予定地やそこに住む生き物たちのようすを知っておきたい」ということで、観察会&学習会の講師の依頼を受けました。

f0338188_17422190.jpg

12名の地主さんたちと斡旋業者さんを案内しましたが、このカーミージーの海が那覇軍港の原風景だということを紹介し、

f0338188_17431450.jpg

岸辺の岩場にたくさんの穴が開いているのは、カニや貝のおうちで、たくさんの生き物が住みつききれいな海を守っていることの話しをしました。

f0338188_17433213.jpg

海の中の大ブロックについた貝たちはどれも生きていて満潮になると活発にエサを取ることを紹介するとみなさんビックリ!

f0338188_1743502.jpg

小さい頃はよく海で遊んだというだけあって、ベニツケガニや

f0338188_1744777.jpg

ケブカガニ、

f0338188_17442787.jpg

シガヤーダコを捕まえるのはお手の物でしたが、

f0338188_17444411.jpg

ソデガラッパを捕まえると交尾中でビックリ!

f0338188_1746291.jpg

タタンビシの近くまで行き、どこらまでを埋め立てて軍港を作る計画なのかを地図で示して説明させてもらいました。

f0338188_17453465.jpg

帰り道で、トゲアナエビ釣りを楽しんで、みなさん童心に返ってもらえました。

f0338188_1747631.jpg

やっぱり海は素晴らしいですね~~!
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-16 22:40 | Comments(0)

屋我地島の干潟観察会

海洋博の美ら島研究センターが「屋我地島の干潟観察会」を指導者向けに開催してくれました。

f0338188_1619353.jpg

「カーミージーの海で遊び隊」で誘い合って、みんなで研修に出かけました。

f0338188_16211053.jpg

干潟に出て最初に驚いたのは、

f0338188_16221332.jpg

水の引いたところは貝殻でいっぱいだったということで、

f0338188_16224434.jpg

30cm四方の枠の中にどんな貝が何個すんでいるか、それも生きたものと死んだ者に分けて調べました。

f0338188_16355952.jpg

次は岩の表面、側面、底面のそれぞれにどんな生物がすんでいるのかも調べ、ちょっと学生の実習のようで新鮮でした。

f0338188_16362646.jpg

砂地のところではタテジマユムシという埋在動物がすんでいて、

f0338188_16364129.jpg

半透明な30cmにも伸びるリボン状の吻を伸ばしその上に砂の中の栄養分を乗せてベルトコンベアーの要領で口に運んで摂取するそうで、

f0338188_1637878.jpg

たくさん住んでいるようすを調査しました。

f0338188_16373187.jpg

砂地を歩いていると潮の引いたところでミナミコメツキガニが食事をした後の砂粒がたくさんで、

f0338188_16375549.jpg

色が変わって見え、川の字のような模様に見えるのがきれいでした。

f0338188_1638620.jpg

干潟の掃除人のカニノテムシロがたくさんいて、

f0338188_16381689.jpg

それも背中に3~5個のマキガイイソギンチャクを乗せ、

f0338188_16392239.jpg

死骸を探し回っているのが面白かったです。

こんなところは泡瀬干潟とよく似ていると感じました。

f0338188_16394474.jpg

キノコ岩ではイソアワモチのイボイボが青っぽいように見え、

f0338188_1640083.jpg

ケガキや

f0338188_16401574.jpg

珍しい海のアメンボを二種類見ることができました。

f0338188_16403998.jpg

屋我地島の干潟の自然の豊かさを堪能することができ、いい研修になりました。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-15 22:01 | Comments(0)

港川中学校区の地域保健福祉センターの「ボラんちゅキャンプ」への協力依頼があり、ボランティアで出かけました。

f0338188_11253182.jpg

中学生のキャンプのメニューの中の一つにカーミージーの海の自然観察を取り入れたいというもので、

f0338188_11202815.jpg

中学生19名、民生委員さん20名、ボランティアの大学生3名の参加がありました。

f0338188_11255782.jpg

岸辺の岩場のたくさんの穴は生き物の住みかで、一つの穴がカニでふたつの穴は二枚貝が住んでいることを紹介するとみなさんビックリ!

f0338188_11375181.jpg

海の中で、ソデガラッパに出合い、ヤドカリを襲うときに使う砂もぐりの得意技を皆さんに見てもらうと、みなさん感心されていたので、ガラッパ君には何度も潜ってもらいました。

f0338188_1127734.jpg

芸術作品のようなタマガイ類の卵と粘液でこねて作った砂茶わんを見た後に、

f0338188_112834.jpg

生みの親のホウシュノタマガイが二枚貝のリュウキュウバカガイを捕食しているシーンに出合い、みんなでしばらく観察しました。

f0338188_1128315.jpg

「かわいそうだから逃がしてやったら!」という意見も出ていましたが、自然界では「食う食われるのが自然の成り立ち」なので見守っていると、ホウシュノタマガイがあきらめて離れていきました。

f0338188_1129110.jpg

浅瀬の岩場にルリスズメダイが群れ、

f0338188_11292794.jpg

ハート形をしたピンク色のサンゴの赤ちゃんを見つけた人もいたり、

f0338188_11295150.jpg

黒い色のふぐの赤ちゃんと黄色い色で黒点のある箱ふぐのかわいい赤ちゃんや

f0338188_11312310.jpg

大きなクモガイが二匹いたり、

f0338188_11315788.jpg

オオイカリナマコにも出合いました。

f0338188_11322144.jpg

岸辺でこの海で遊ぶ時の注意をしていると銘苅港川自治会長さんが姿を見せ、

f0338188_11324652.jpg

自治会のこども達とおいしいぜんざいの出前をしてくださいました。

f0338188_1133328.jpg

ありがとうございました!

f0338188_11332085.jpg

夜は、中学生たちの作ったカレーライスをいっしょにおいしくよばれ、

f0338188_11334146.jpg

港川小学校の生徒さんのカーミージーの海の研究発表を聞き、交流を深めることができました。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-13 22:15 | Comments(0)

特別支援学校に通うこども達のひまわり学童クラブから観察会の依頼がありました。

「遊び隊」にとっても新たな観察会の広がりになることがうれしくて、喜んで引き受けました。

f0338188_2304456.jpg

集合してからの危険な生物の説明にとても熱心に聞き入っていまし、カクレクマノミのニモはみなさんよく知っていて、

f0338188_231819.jpg

「見に行きたい人??」と尋ねるとみなさん「は~~い!」のいい返事でした。

f0338188_2315695.jpg

海辺の岩場の小さなたくさんの穴はカニの住みかだ!と説明していると

f0338188_2322048.jpg

ちょうどルリマダラシオマネキのオスとメスが出てきてビックリ!

海に入れないお友達がバギーで波打ち際まで来ていたので、見てもらうことができました。

f0338188_2335816.jpg

ニセクロナマコに初めて出会い、

f0338188_2341570.jpg

こわごわ触るお友達もいましたが、

f0338188_2343371.jpg

少しずつ慣れてきたようで、

f0338188_2345690.jpg

クモガイにも出会い二つの目玉にビックリ!

f0338188_2352494.jpg

大岩についている生きものを見て、水分補給をし、

f0338188_2361134.jpg

カクレクマノミのニモを目指しました。

f0338188_2364035.jpg

体力的な差が大きいので、ニモを見た人はそばの潮溜まりで遊びんでいるとシガヤーダコを見つけて大喜び!

f0338188_237988.jpg

後からゆっくり到着した人も含めて全員がニモを見られて大満足の記念撮影!

f0338188_2373344.jpg

トゲアナエビ釣りも楽しんでいると、

f0338188_2375622.jpg

フグのかわいい赤ちゃんが4匹いて、「これが本当の至福(四フク)の時!」とシャレました。

f0338188_2385267.jpg

楽しい観察会の後は港川自治会館に場所を移してお弁当を食べ、おいしいアーサ汁とサーターアンダギー、

f0338188_2391682.jpg

かき氷を頂きました。

f0338188_2395535.jpg

お礼にダンスを踊って交流し、

f0338188_23101374.jpg

みんなで記念撮影をしてお別れしました。

とても有意義な観察会となり、嬉しかったで~す。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-12 22:57 | Comments(0)

カクレクマノミの再発見

去年の9月のNHKのテレビ報道の後、みんなの人気者のニモのカクレクマノミが持ち去られ、みなさんがっかりしてから一年近くが過ぎようとしています(2014.9.11、参照)。

f0338188_1341122.jpg

この一年間、カーミージーの海を歩き回り、幸いに新しくカクレクマノミの住むイソギンチャクを二か所見つけることができました。

f0338188_1355735.jpg

そのうちの一つのイボハタゴイソギンチャクに、大は6mm、中は3mm、小は2mmというかわいい赤ちゃんが三匹住んでいるようすを紹介したいと思います。

f0338188_1362825.jpg

小さくてかわいくて、太陽光線を浴びて、内臓も透けて見えるくらいです。

f0338188_1364892.jpg

カーミージーの海のマスコットとして大切にしていきたいと思い、

f0338188_137861.jpg

しばらくは一般公開せずに見守りながら行こうと思っています。

f0338188_1374981.jpg

[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-08 08:48 | Comments(0)

救急用具の充実

今までの観察会でも救急用具として、バンドエイドやお酢を持参していましたが、7月初めの観察会でガンガゼに手を出した子どもがいて、トゲを抜きに車に戻ったことがありました。

f0338188_0545771.jpg

いつも、観察会の始まる前に危険生物の話をしていますが、事故は起こるものなので、救急用具の充実を図ることにしました。

これが充実した救急用具の内容です。

f0338188_0555083.jpg

左から日焼け止めクリーム、消毒液、バンドエイド、綿棒、とげぬき、消毒用ライター、マチ針、容器に入れたお酢を小さなバックに入れて持参することにしました。

備えあれば患いなし!で行きたいものですね。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-08-06 12:55 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!