12月27日の観察会

12月27日の観察会は、

f0338188_17111074.jpg

年の瀬も押し迫ったせいか参加者が6名、スタッフが5名という少人数でしたが、いろんな生物に出会え、とても盛り上がりました。

f0338188_17125688.jpg

岸辺の岩場で小さなふたつ穴が二枚貝の住み家で、一つ穴がカニの住み家だと説明していると、

f0338188_17131856.jpg

小学生がたくさんのイソアワモチの赤ちゃんを見つけてくれ、これを伊平屋島で食べたという人がいて話が盛り上がりました。

f0338188_17134214.jpg

海に入ると砂もぐりの上手な肉食のベニツケガニ、

f0338188_1714519.jpg

毒針を持つ大きなイモガイ、

f0338188_17142650.jpg

脱皮したて?で元気のない黄色いフトユビシャコ、

f0338188_17145071.jpg

地味な色でヒレに毒を持つサツマカサゴの赤ちゃんがいて、

f0338188_1715835.jpg

逃げる時にはきれいな黄色いヒレの内側を見せて泳ぐのにはビックリ!

f0338188_17154781.jpg

海草藻場でトゲアナエビ釣りをこどもも

f0338188_1716266.jpg

大人も童心に帰って遊んだあと、ライトを消して夜光虫とウミホタルを楽しもうとすると、満月に近いせいかあまり光ってくれずがっかり!その分冬の星座を楽しんでもらいました。

f0338188_17163251.jpg

ライトをつけると大きなきれいなツメタガイがいてビックリ!

f0338188_17164937.jpg

その場では「ミスガイ」と説明しましたが、後で図鑑を見ると二枚貝を襲う肉食の貝のツメタガイだとわかりました。

お詫びして訂正させて頂きま~す。

f0338188_1718713.jpg

タツナミガイがいて、波型の貝殻を体内に持っていると触ってみると紫色の汁を出して怒っていましたが、

f0338188_17182456.jpg

勇気のある女の子が指を突っ込んで自分でも確認していました。素晴らしい!

f0338188_17184137.jpg

海藻のイソスギナの群生地や

f0338188_171937.jpg

岩陰に花が咲いたようなゴカイの仲間のケヤリムシを見つけ、

f0338188_17192082.jpg

つついてパッ!と引っ込むのを何度も楽しみました。

f0338188_17194380.jpg

岸に上がる前にも寝ぼけ眼のハリセンボンや

f0338188_17195977.jpg

若いアオヤガラにも出会い、楽しかった今年最後の観察会を無事に終えることができました。


今回で観察会は39回を迎え、参加者数は1134名となりました。

みなさん大変お世話になりありがとうございました。

来年もカーミージーの海で遊び隊の観察会で、カーミージーの海をお楽しみ下さい。

f0338188_1421022.jpg

よいお年をお迎え下さい。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-12-28 17:03 | Comments(0)

遊び隊の研修会

12月24日の夜にカーミージーの海で遊び隊の研修会を持ちました。

-2cmの潮位で、今年最後の27日の観察会の下見を兼ねていましたが、急用ができて7名の参加予定が3名での実施となりました。

f0338188_16422099.jpg

穏やかな天気の海に一歩踏み出すと、アオリイカが目玉の部分を緑色の蛍光色に輝かせ、警戒しながら遠ざかっていきました。

f0338188_16464071.jpg

岩にもたれて寝ているアイゴの幼魚、

f0338188_1647148.jpg

寝ぼけてイソギンチャクから飛び出すカクレクマノミ、

f0338188_16475191.jpg

カイメンソウを寝床にしているコクテンフグの幼魚、

f0338188_16481163.jpg

ハリセンボンなどの魚に出合いました。

f0338188_16483344.jpg

珍しいオニイボナマコ、アオヒトデ、フタスジナマコ、クロナマコなどのたくさんのナマコ、

f0338188_16544268.jpg

二匹の大きなイソアワモチ、

f0338188_16545938.jpg

フラメンコダンスのようにひらひらと泳ぐ黒いヒラムシなどがいてビックリ!

f0338188_16551618.jpg

おいしく食べられるティラジャーと毒針を持つイモガイとの違い、

f0338188_16553943.jpg

冬の訪れを告げるイソスギナとフデノホ、

f0338188_1655563.jpg

岩に着きだしたところのアオサ、

f0338188_16563484.jpg

蔓を伸ばしだしたチヂレヅタのようすを確認し、

f0338188_16564997.jpg

外洋に生活するミドリイシサンゴと

f0338188_1715685.jpg

名前がわからない珍しいサンゴ、

f0338188_16584356.jpg

ソフトコーラルなどを観察してきました。

f0338188_16591918.jpg

今年最後の27日の観察会が楽しみで~す。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-12-25 16:39 | Comments(0)

今年最後の観察会となる12月27日(日)準備にとりかかりました。

f0338188_1432522.jpg

ポスターとチラシを印刷し、ラミネートをかけ、パンフレットといっしょに配布して回りました。

新聞にも掲載されていますので、みなさんふるってご参加下さい。

f0338188_1565688.jpg

海の出入り口のポスターを張り替えているとたくさんの小学生が遊びに来ていました。

f0338188_157115.jpg

バケツにシャコパンチの強い危険なモンハナシャコや魚のウミヘビが入っていて、

f0338188_1572653.jpg

みんなとても楽しそうでした。

f0338188_158029.jpg

高架橋の鉄の作業道路が全部撤去されだしましたので、泥や砂が舞い上がってこの冬のアーサやモズクへの影響が心配されるところで~す。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-12-15 20:41 | Comments(0)

12月13日の観察会

風もなく穏やかな真夜中の早朝の1時に集まったのは18名の熱心な自然ファンで、

f0338188_13165796.jpg

4月に大阪から移住してきたというファミリーに小中高校生が一人ずついた以外は大人ばかりという普段より平均年齢の高い構成でした。

f0338188_13174887.jpg

その高校生の足元は最新のたび型のマリンシューズで固められていてびっくり!

f0338188_131867.jpg

岸辺にしゃがみ込み、岩に開いた穴で一つ穴の大小はカニの巣穴で、並んでふたつあいた穴は岩の中に二枚貝が住んでいて海水の浄化に大きく貢献している話にみなさんビックリしたり納得したりしていると、イソアワモチを見つけた人がいて「貝殻を脱いだ貝でこのヒトも浄化に貢献している!」と話をしていると次から次へとどんどんたくさんのイソアワモチを見つけることができました。

f0338188_13203535.jpg

海の中に入ると大きな背ビレがちょっと不格好な珍しいツマジロオコゼがいてびっくり!

f0338188_13204937.jpg

他にもアオヤガラの幼魚、水面を飛び跳ねるグルクンの幼魚などにも出会いました。

f0338188_1321175.jpg

岩に生えた海藻が冬の到来を告げていることを紹介し、

f0338188_13213348.jpg

イソスギナ、フデノホなどの海藻や

f0338188_13215746.jpg

小さな岩にサンゴが成長しつつあるようすも観察でき、

f0338188_13221114.jpg

大きな毒針を持つイモガイ、

f0338188_1322337.jpg

大きな肉食のベニツケガニにも出合いました。

f0338188_13224978.jpg

クロナマコの説明をしていると「食べたことがある」という方のお話が聞けたり、ニセクロナマコ、クリイロナマコや

f0338188_1323953.jpg

チクチクするイカリ型の小さな骨片を持つオオイカリナマコに出合い、触れてみて皆さん名前の由来に納得でした。

f0338188_13232719.jpg

海草藻場でタツナミガイに出合い、恋の季節だから周りを探すとたくさんいて、

f0338188_13192345.jpg

踏みつけて紫色の汁を吐き出させたり、トゲアナエビ釣りやライトを消しての夜光虫・ウミホタルの神秘的な輝きを楽しむことができました。

f0338188_1324721.jpg

岸辺で終わりの会をしているとイジャイ帰りの方に大きなタコを見せてもらい、カーミージーの海の豊かさを体感して観察会を終えることができました。

みなさんまた遊びに来てください!お疲れさまでした。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-12-14 13:17 | Comments(0)

観察会の依頼

毎月の観察会のチラシやパンフレットを置いてもらっている施設に県立博物館・美術館があります。

入館者がとても多い施設なので、チラシなどがたくさんの人の目に触れる機会が多く、観察会の参加希望者も多くてとても助かっています。

今回、その博物館・美術館でボランティアのガイドをされている皆さんの集まりの「博物館友の会」からカーミージーの海をガイドしてほしいとの依頼がありました。

それも、とても熱心で、下見と打ち合わせに3人の方が来られることになりました。

f0338188_22463175.jpg

カーミージーの駐車場で待ち合わせ、せっかくだからとカーミージーの海辺を少し散策し、

f0338188_22502335.jpg

高架橋のでき具合や

f0338188_2250428.jpg

浸食地形の甌穴の海水のないところに群れるゴマフニナ、

f0338188_2251166.jpg

岩にびっしりとへばりついたヘリトリアオリガイ、

f0338188_22513071.jpg

岩に開いた一つの穴はカニの住み家で二つ並んで空いた穴は岩の奥に貝が住みついていることなどを観察後は「隠れ家喫茶・清ちゃん」で昼食を取りながらの打ち合わせをしました。

そして、「博物館友の会、エスニックランチと海洋自然観察会」は

来年の3月11日(金)、20人の参加で
11時30分~12時30分、清ちゃんでエスニックランチをとり、
その後移動し、13時~15時、海洋自然観察会

という計画がまとまりました。

とても楽しみにしています。
[PR]
by kamijiasobi | 2015-12-04 22:44 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!