ニモ大好き!

明日の観察会の下見と海への通路の草刈りや海岸清掃にじいちゃんとばぁちゃんと二人で出かける予定にしていると、朝比奈さんのお孫さんが「ニモを見たい!」ということでいっしょに出かけることになりました。

f0338188_12311693.jpg

うちのばぁちゃんは一時間早く出かけ、

f0338188_12313255.jpg

海への通路の草刈りをきれいにしてくれていました。

f0338188_1232844.jpg

朝比奈さんのお孫さんはお母さん、おばあちゃんを引き連れて、海に入り、「ニモ、ニモ!」と口ずさみながらどんどん歩いていきます。

f0338188_12322542.jpg

途中で、朝比奈さんがクロナマコを紹介すると、気持ち悪がって「イヤ、イヤ!」でしたが、

f0338188_12331697.jpg

よく歩いてニモに到着すると「ニモ、ニモ!」と連呼して、

f0338188_12333451.jpg

白化したイソギンチャクに住む二匹のカクレクマノミを、

f0338188_12335296.jpg

自分でしっかり持った箱メガネでよくのぞき込んでいました。

f0338188_12343281.jpg

続いて、朝比奈さんが一生懸命にトゲアナエビ釣りを実演してみせるのですが、ボクにはあまり興味がないようなので、もう一か所のカクレクマノミポイントに行くことにしました。

f0338188_123586.jpg

ニモを見られる!ということでその後もよく歩き、8匹のカクレクマノミが棲んでいたイソギンチャクに到着!

f0338188_12354446.jpg

嬉しいことにここのイソギンチャクの白化は回復してきていましたが、8匹のカクレクマノミの数は減ってしまったようでした。

f0338188_1236219.jpg

それでも、今まで絵本でしか見たことのなかった本物のニモを自分の足で歩いて2か所も見て回り、「ニモ、ニモ!」と口ずさんで大満足のようでした。

f0338188_12362797.jpg

帰り道で、朝比奈さんがソデカラッパを見つけると、ハサミを広げて警戒するようすがとても怖かったようで、

f0338188_12365215.jpg

大泣きしてしまいました。

f0338188_1237718.jpg

すると今まで一生懸命頑張って歩いてきた緊張の糸がぷつんと切れてしまい、おじいちゃんにもたれてぐっすり眠り込んでしまいました。

f0338188_12373855.jpg

朝比奈さんはボクを抱っこして安全に帰ることになり、私は下見をしていると今が旬のタマガイ類の卵塊の砂茶わんがたくさん見られました。

f0338188_12375442.jpg

珍しい二枚貝のリュウキュウアオイがいて、

f0338188_12381071.jpg

今まで見られたアオリイカの卵塊は、すでにみんな孵化してしまったようで、茶色い袋(卵のう)だけが残っていました。

f0338188_1238284.jpg

下見をしている間、ばあちゃんが海岸のペットボトルなどをビニール袋いっぱいに集めてくれていました。

f0338188_12385587.jpg

これで明日の観察会の準備はOK!で~す。

f0338188_1239241.jpg

みなさんお疲れさまでした。
[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-30 22:25 | Comments(0)

三連休の最後にやってきたゆみさんが、最近見つけた白化したイソギンチャクとかわいいカクレクマノミの写真を見て、カーミージーの海へ行ってみたいと言い出しました。

f0338188_153898.jpg

ちょっと水位が高めでしたが、ファミリーで出かけるならさほど問題がないので、3人で台風16号の影響がある中を出かけてみました。

f0338188_1532516.jpg

すると、台風の大波を避けて浅瀬に集まってきている小魚を投網で狙っている人がいました。

f0338188_1534854.jpg

最初に、ゆみさんが見つけて教えてくれた青い蛍光色のヒメシャコガイをGPSで訪れ、

f0338188_1541173.jpg

続いて最近発見した白化したイソギンチャクに棲む二匹のカクレクマノミを訪ねました。

f0338188_15427100.jpg

とちらもGPSを使うと簡単に見つかるので、ゆみさんはビックリ!したり、大喜び!

f0338188_1551455.jpg

次は、ゆみさんにGPSを使ってシャコガイの仲間のジャコゥを探してもらいました。

f0338188_1552736.jpg

これも簡単に見つかり、ビックリしていると、

f0338188_1553893.jpg

そばにサザナミフグのかわいい赤ちゃんがいて、ビデオまで撮ることができました。

f0338188_1555281.jpg

次は、ばあちゃんがGPSを使ってカクレクマノミの住んでいないイソギンチャク探しにチャレンジ!

f0338188_156116.jpg

ちょっと距離があるので、歩いているうちにゆみさんがタツナミガイを見つけてくれました。

冬が旬のタツナミガイに出合うことで、季節が確実に移り変わっていることを知りました。

f0338188_1563871.jpg

カクレクマノミの住んでいないイソギンチャクには割合すんなり到着することができ、

f0338188_1565135.jpg

ゆみさんは早速、カクレクマノミがその後に住んでいないかどうかをチェックしていました。

f0338188_157389.jpg

そばには、赤い目をしたイワオオギガニのヤングがツメを振りかざして戦闘態勢を一人で勝手に取っているのを見て笑ってしまいました。

f0338188_1571948.jpg

今も、外洋には4~5mの高波が押し寄せているものの、このサンゴ礁のカーミージーの海には高波は届かない不思議を感じ、

f0338188_157328.jpg

サンゴ礁が海の防波堤だ!と言われる意味がよく分かりました。

f0338188_1575512.jpg

最後の帰り道で、ゆみさんがアオリイカの卵をGPSで探すことにチャレンジしてくれました。

f0338188_158644.jpg

うまくたどり着いて箱メガネで見ると、卵のうの先端がボロボロになって赤ちゃんが誕生していることが分かりました。

f0338188_1582952.jpg

十字手裏剣のようなアオヒトデを見つけ、アオヒトデ大好きのゆみさんは大喜びで、

f0338188_1584697.jpg

帰るのが惜しくてたまらないゆみさんは水遊びをたっぷりと楽しんでいました。

f0338188_159261.jpg

ファミリーだけのカーミージーの海はとても楽しく素晴らしいものでした。

f0338188_1591970.jpg

[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-20 14:57 | Comments(0)

9月17日の観察会

台風16号が石垣方面に接近中で、風がいつもより強いようでしたが、

f0338188_158846.jpg

観察会は28名の参加者と4名のスタッフでスタートしました。

f0338188_1583358.jpg

岸辺の岩のたくさんの穴が、カニや貝の住み家で、食事をすることを通じてみんなで沖縄のきれいな海を作ってくれていることや

f0338188_1585538.jpg

カイメンソウが空気中に酸素を提供してくれていることを学びました。

f0338188_159244.jpg

貝のイトマキボラや

f0338188_1593914.jpg

毒針で小魚を採って食べる大きなイモガイ、

f0338188_159564.jpg

アオリイカの卵塊、

f0338188_15101197.jpg

タマガイの仲間の卵塊の砂茶わん、

f0338188_15103445.jpg

砂を体にまとい、敵の嫌がる赤い汁を出すクロナマコ、

f0338188_1510505.jpg

敵の嫌がる粘着性の強い内臓の白い糸(キュビエ管)を出すニセクロナマコ、

f0338188_1511927.jpg

イカリの形の小さな骨片を持つオオイカリナマコ、

f0338188_15112497.jpg

貝のイトマキボラの赤ちゃん、

f0338188_15114716.jpg

7本の角を持つクモガイのご夫婦や

f0338188_1512098.jpg

こんな魚を踏みつけたと赤ちゃんのオニダルマオコゼにまで出合い、ビックリ!

大人だったら大事故になるところを助かりました!

f0338188_15123192.jpg

また、昨日見つけたばかりの白化したイソギンチャクに2匹のかわいいカクレクマノミが住みついているものを

f0338188_15125499.jpg

「かわいい!」「きれい!」と興奮しながら見てもらいました。

f0338188_15133631.jpg

海草藻場にたくさん生えているリュウキュウスガモで1~2cmの小さな巣穴に棲むトゲアナエビを賞金一万円で釣り上げるゲームをみんなで夢中になって楽しみました。

f0338188_15131639.jpg

一生懸命に取り組んでいるところへ水を差すように急に雨が降り出し、

f0338188_15143841.jpg

みんなで雨雲のないブロックの方向に避難する途中に大きく育ったヒメシャコガイを見てもらいました。

f0338188_15145125.jpg

すぐに雨もやみ、カニのソデカラッパの砂もぐりの名人技を何度も見て、

f0338188_15151161.jpg

それがヤドカリを襲って食べるのにつかわれることや

f0338188_15154399.jpg

栗色をしたその名もクリイロナマコにも出会い、今迄に出合ったナマコの仲間はきれいな海をつくる海の掃除屋さんだということを知りました。

f0338188_15161279.jpg

大きなブロックについているフジツボやカサガイ、オハグロガキ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて、満ち潮になれば食事をすることで沖縄のきれいな海を作っていることを学んで、

f0338188_15162430.jpg

帰路につきながら岩をめくるとウツボの赤ちゃん、

f0338188_15163745.jpg

どんな穴にもうまく逃げ込むクリミミズアナゴや

f0338188_15165133.jpg

十字手裏剣のようなアオヒトデ、

f0338188_15172917.jpg

大きなイモガイにたくさん出会ってビックリ!の連続でした。

f0338188_15174694.jpg

今日は一時雨に降られましたが、たくさんの生き物に出合い、とても楽しい思い出に残る観察となりました。
[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-18 14:48 | Comments(0)

台風16号が石垣方面に接近中ですが沖縄本島は穏やかで、9月17日の観察会もできそうなので、保険に加入した後で下見に出かけました。

f0338188_1084252.jpg

浅瀬にはたくさんの小魚の群れが入り、竜が動くように水面を波立たせて移動を繰り返していますし、

f0338188_109065.jpg

それを狙って食事にありつこうと鳥もやってきていました。

f0338188_109242.jpg

海草藻場の茶色くなったアオリイカの卵はまだまだ観察できますし、

f0338188_1094172.jpg

貝のイトマキボラ、

f0338188_1010282.jpg

ヌノメガイ、

f0338188_10101699.jpg

岩に張り付いた二枚貝、

f0338188_10105384.jpg

大きくなったヒメシャコガイなどに出会えました。

f0338188_10111196.jpg

海草藻場を歩いていると、蛍光イエローの物体があり、なんだろうと不思議に思って近づくと、白化したイソギンチャクに二匹のかわいいカクレクマノミが棲んでいました。

f0338188_10112790.jpg

今までも同じところにいたのでしょうが、白化していなかったのでわからなかったようでした。

f0338188_10115265.jpg

急に雨が降り出したので、

f0338188_1012959.jpg

雨雲のない方向の以前白化しかけていたイソギンチャクを訪れると、ちょっと回復していてほっとしました。

f0338188_10123670.jpg

前回に見つけたシャコガイの仲間のジャコウをGPSを使って訪ねると、すぐにたどり着け、GPSの素晴らしさを痛感しました。

f0338188_10124914.jpg

また、赤い目をした大型のカニのイワオオギガニに出合い捕まえてみると、

f0338188_1013291.jpg

真黒な卵を一杯抱えていてビックリ!

f0338188_10132135.jpg

私の接近に慌てて逃げ惑い、浅瀬に乗り上げてしまっておぼれる?熱帯魚のツノダシを助けてやったり、

f0338188_10134035.jpg

新たなマガタマモを発見したりすることができました。

9月17日の観察会もカーミージーの海の素晴らしさを楽しめそうで~す。
[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-17 10:04 | Comments(0)

海の散策

台風14号だけでなくたくさんの台風が発生し、この9月17日の観察会のことが心配になり、潮位が64cmと高い状態でしたが、

f0338188_1595016.jpg

海のようすを見たくて海の散策に出かけました。

f0338188_201559.jpg

台風の影響で強めの東風が吹いていて、水面が波立って生きものは探しづらかったですが、茶色くなったアオリイカの卵はまだかえっていませんでした。

f0338188_203123.jpg

やたら目についたのは、タマガイの仲間の卵塊の砂茶わんと

f0338188_204175.jpg

カニのソデカラッパや

f0338188_205972.jpg

ベニツケガニでした。

f0338188_211335.jpg

いろいろ歩き回っていると、カクレクマノミがよく住みついているハタゴイソギンチャクを見つけ、GPSに記録しておきました。あとでゆっくりと金属棒で調べてみましたが、まだ誰も住みついていないようでした。

f0338188_214064.jpg

また、タカラガイのキイロダカラが卵を産んでいるところに初めて出会いました。

f0338188_21547.jpg

黄色い小さな卵のうの中にさらに小さな卵の粒があり、ビックリ!

f0338188_221279.jpg

いろいろ写真を撮ってから卵を産み付けている石を持ち上げてみると下側にオスの姿を発見し、仲良しご夫婦だということが分かりました。

f0338188_222519.jpg

さらに、砂地に20cmほどのシャコガイの仲間のジャコウがどんと横たわっているのにも出会い、GPSに記録しておきました。これでまた出会えることが楽しみで~す。

今日も豊かなカーミージーの海を楽しむことができたことに感謝!
[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-13 22:57 | Comments(0)

宝探し!

ゆみさんがやって来て、昼ごはんにオリジナル野菜サラダを作ってくれている時、

f0338188_1725316.jpg

失くしたカギ束のことが気になるので、今日もう一度カーミージーの海に探しに行く話をしていると、「わたしも行ってみる!」と言ってくれ、ばあちゃんも二つの目より6個の目の方が見つかるかもね!と言ってくれ、結局3人で「宝探し!」に出かけることになりました。

嬉しい限りで~す。

f0338188_17251877.jpg

一応、カギがあればくっつくように強力磁石のコロコロも作ってみました。

f0338188_17254599.jpg

いつもの観察会より水位が高い海に入ると、小魚の群れがたくさんいて、

f0338188_1726156.jpg

そこら中を右に左にバシャ!バシャ!と竜が動き回るように水面に波の音を立てて逃げ惑うのを近づいて楽しんでいるゆみさんに、

f0338188_17262123.jpg

真っ白くなっていたシャコガイが青く戻っていることを紹介するとビックリ!していましたし、

f0338188_17271066.jpg

そばにある茶色くなったアオリイカの卵塊を自分で見つけていました。

f0338188_17272829.jpg

カギを探しながら移動していると、サザナミフグのかわいい赤ちゃんや

f0338188_17275310.jpg

どこから来たのかわからない鉄板の裏にたくさんの卵が産み付けられていて、

f0338188_17281251.jpg

一部が黒くなってすぐにもふ化しそうになっている卵にも出会い、

f0338188_17282917.jpg

珍しい藻類のマガタマモの群生地を見つけてGPSにインプットし、

f0338188_17284146.jpg

マガタマモを口に入れると海ブドウのようでした。

f0338188_17285830.jpg

目的地まで行ってもカギ束は見つからないので、あきらめて帰りだすと、目のいいゆみさんがこの時期には珍しいタツナミガイのペアを見つけ(左にイワオオギガニが隠れている!)、

f0338188_1729164.jpg

ばあちゃんが珍しい紫色のイワオオギガニを見つけ、

f0338188_17293021.jpg

じいちゃんはクモガイを見つけ、「宝探し!」は楽しいファミリーの観察会となりました。

f0338188_17294935.jpg

振り向くと南の方には雨の「かたぶい(片降り)」が見られました。

ゆみさん、ばあちゃん、お付き合いご苦労様でした。
[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-05 17:17 | Comments(0)

ゆんたくひろば

カーミージーの海で遊び隊の月に一度の「ゆんたくひろば」がありました。

f0338188_1354667.jpg

朝比奈さんが学研の「水の生き物」の図鑑を買い求め、「とても高いレベルのことを小学生向けに分かりやすく解説してある!」と言って持参してくれました。

f0338188_136862.jpg

カーミージーの海にたくさんいるトゲアナエビは一体何者なのか?を調べてみると、

f0338188_136491.jpg

今迄に熱中症で穴から出て来て死んでいた3個体の写真ではすべて八脚でした。

図鑑のヤドカリはすべて八脚なので、トゲアナエビはヤドカリの仲間だということが分かりました。

f0338188_15472490.jpg

そこまではよかったのですが、詳しい説明を読んでいるとエビもカニもヤドカリも十脚類に入るものの、ヤドカリの二脚は小さくてわかりにくく八脚のように見える!と説明してあり、ビックリ!

すごい図鑑だということが分かりました。

また、付録に英国のBBC制作の「水の生き物」のDVDがついており、これもいっしょに見ていると、とてもいい勉強になりました。

f0338188_1372852.jpg

先日のガイドの時に説明した、ご夫婦のイシヨウジのメスがオスのお腹に卵を産み付け、オスが子どもを産卵するようすを分かりやすい映像で見せてくれるばかりか、解説では「メスが卵をオスのお腹にたたきつけて固定し、すぐに次の産卵の準備に入るため、生殖のチャンスを二倍に高めている!」と詳しく触れていました。

f0338188_1548627.jpg

他には、RBCiラジオで放送された内容を確認しました。

さらに、最近、朝比奈さんが「化石」に関心があるようで、「おきなわ石の会」の研修会や美ら海教室の「化石」教室にいっしょに参加してみることになりました。

f0338188_1381628.jpg

二人でいろんなことを勉強しましたが、最近参加者が少ないことを心配しながら解散しました。
[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-03 20:53 | Comments(0)

GPSゲット!③

道路工事がどんどん進む中、

f0338188_0533317.jpg

もう一度、イソギンチャクとカクレクマノミを探しに出かけました。

f0338188_23433069.jpg

海草藻場を歩いていると産みたてたばかりの真っ白なアオリイカの卵塊に出合いビックリ!

今が旬のようで、GPSにポイントをインプットしておきました。

f0338188_23442264.jpg

カクレクマノミを探していると、昨日以上に白化したサンゴを見つけ、

f0338188_23462799.jpg

ビックリするやら

f0338188_23464629.jpg

心配するやらでしたが、

f0338188_23514713.jpg

ヨウジウオの仲間のイシヨウジの幼魚や

f0338188_23475392.jpg

トゲチョウチョウウオの幼魚、

f0338188_2352038.jpg

ヤライイシモチの5~6cmに成長したヤング集団などに出合いながらも、カクレクマノミは残念ながらいませんでした。

f0338188_23522137.jpg

8月4日にたくさんでどっとおしせたストレスでイソギンチャクが場所を移動したようでとても残念です。

f0338188_23524264.jpg

面白かったのは、ハゼとテッポウエビの共生穴を見つけて観察できたことで、最初は見張りをするハゼと目が悪いもののせっせと穴の掃除をするエビが一匹いましたが、

f0338188_23531623.jpg

しばらくするとエビがご夫婦の二匹で棲んでいることも分かり、

f0338188_235335100.jpg

二匹のエビが巣穴からかなり離れて作業したり、上下に分かれて巣穴の砂を運び出したりするようすが観察できました。

f0338188_2353491.jpg

この間見張り役のハゼに二匹のエビはひげをちゃんとくっつけて、ハゼが敵を見つけて穴に素早く逃げ込む動作を知り、すぐに後を追って巣穴に逃げ込む準備をしている共生関係が面白いで~す。

このハゼとテッポウエビの共生穴は継続観察のために、GPSにポイントをインプットしておきました。

f0338188_23541218.jpg

帰り道で、赤い目をしたイワオウギガ二が岩のくぼみに隠れているのを見つけ、

f0338188_23542760.jpg

捕まえてみるとお腹に黒い卵を一杯抱いたメスだとわかり、

f0338188_23544217.jpg

逃がしてやるとほっとしたような目で私を見上げていました。

f0338188_2355847.jpg

行きに見つけたアオリイカの卵を覗いてみるともう茶色く変色していてビックリ!

バイクに乗って帰ろうとすると、カギ束を海のどこかに落としてしまったようでがっくりし、どっと疲れが出てしまいました。

f0338188_0553379.jpg

[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-02 23:39 | Comments(0)

GPSゲット!②

今日はカーミージーの海のもう一つのイソギンチャクとカクレクマノミのポイントをGPSにインプットするために出かけました。

f0338188_16495726.jpg

最初に、以前ゆみさんが教えてくれた白いヒメシャコガイの場所をGPSに入れておこうと思い探してみると、

f0338188_16453375.jpg

きれいな蛍光ブルーの色になっていて、以前白化していたものが元に戻ったようでビックリ!

f0338188_1526347.jpg

ここのカクレクマノミに出合うのは8月4日(2016.8.4、参照)以来なので、少し探すのに手間取りました。

f0338188_1527456.jpg

その間にカクレクマノミを探す目安になる大きなハマサンゴのそばに白化したサンゴや

f0338188_1527191.jpg

たくさんの白化したサンゴを見つけ、

f0338188_15273274.jpg

ソフトコーラルも白化していてビックリ!

f0338188_15274935.jpg

今朝の新聞にもサンゴの白化の原因は高水温だけではなく、バクテリアの存在も指摘されていたのを思い出しましたが、今年の白化現象は広範囲にわたり、被害も大きいように感じ、心配ですね。

f0338188_1528666.jpg

結局、2時間近く探しても元いた場所には8月4日のイソギンチャクとカクレクマノミは見つかりませんでしたが、大きなイモガイや

f0338188_15285378.jpg

岩陰にいた三匹のイシヨウジとハゼ、

f0338188_15291454.jpg

シライトイソギンチャクとクマノミの住み家を新たに見つけることができました。

f0338188_15293522.jpg

帰りに目印になるような円柱や

f0338188_1529488.jpg

南側にある崩れたブロックポイントをGPSにインプットしておきました。

f0338188_1530556.jpg

[PR]
by kamijiasobi | 2016-09-01 22:18 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!