タグ:南恩納海岸の自然観察会 ( 1 ) タグの人気記事

南恩納海岸の自然観察会

石の会で「沖縄最大のポットホール」「縄文海進の化石」「海岸生物」の観察会があるというので、友達と出かけました。

f0338188_10341511.jpg

会場は今までも磯遊びをさせてもらったことのある、屋嘉田潟原(やかたかたばる)のことで40人ほどの地質ファンが集まりました。

私は、地質以外の海の生きものを説明するようにご指名を受けましたが、こんなことなら「カーミージーの海の生きものパンフレット」を持ってくればよかったと悔やまれました。

f0338188_10345576.jpg

海に入るとたくさんのゴマフニナがいて、昼は集団で固まり乾燥を防ぎ、夜はバラバラになって餌を探すというと、みなさんビックリ!

f0338188_10351861.jpg

地質観察ポイントまでにとても立派な海草藻場があり、タマガイ類の卵塊の砂茶わんがあったり、

f0338188_10384083.jpg

軟体動物のスジホシムシモドキ、

f0338188_1039360.jpg

波の形をした貝殻を体内に持つタツナミガイがいて

f0338188_10392081.jpg

海草に卵塊の海そうめんを産み付けていてビックリ!

f0338188_105222100.jpg

岸辺の岩場に着くと

f0338188_10552362.jpg

たくさんの丸い化石の銭石(ぜにいし、大型有孔虫のこと)がたくさんあってビックリ!

f0338188_1853535.jpg

そばの崖にも白っぽい貝の化石の入った地層が遠目にもよく分かりました。

f0338188_1855262.jpg

「沖縄最大のポットホール」のある高さ4mほどの大岩に着くと、中には直径4mほどの大きな穴が開いていてビックリ!

f0338188_1862367.jpg

小さい岩が台風や大きな嵐の時にくぼみの中でぐるぐる回って削り取った浸食地形で甌穴(おうけつ)と呼ばれているものでした。

こんな大きなものは珍しいので、村の天然記念物に指定しては?と役場の担当者に伝えましたが、あまり気が向かないようでした。

f0338188_186553.jpg

サンゴの生息する外洋に向かうと広大な海草藻場があり、さっき化石で見た銭石が現役の状態で見つかり、

f0338188_1982647.jpg

ジャノメナマコにもたくさんくっ付いていてビックリ!

f0338188_1984552.jpg

友達とこれだけの面積の海草藻場がありながら、トゲアナエビが一匹もいないね!と話していると、やっと一つだけ見つけ「トゲアナエビ釣り」をしましたが、カーミージーの海の素晴らしさを再認識できました。

f0338188_199745.jpg

外洋の方に向かうと、きれいなサンゴがたくさん群生し、

f0338188_1992917.jpg

のんびり泳ぐルリスズメダイの群れがいたり、

f0338188_1994748.jpg

海底にはたくさんの銭石が散らばっていたり、

f0338188_1910762.jpg

岩の上にはたくさんの貝のカネツケザルがたくさんくっ付いていてビックリ!

f0338188_19102953.jpg

このあたりの岩場には4~5mの高さに水平な「縄文海進時の海底」が一面に広がって見えるのもビックリ!

f0338188_1910588.jpg

石の会でいろんなことを学ぶことができ、友人も楽しかったようでした。
[PR]
by kamijiasobi | 2016-11-13 10:28 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!