カテゴリ:未分類( 385 )

2月18日の観察会

2月18日の今年最初の「カーミージーの海で遊び隊」の観察会は、とてもいい天気で夏日のような中、参加者24名とスタッフ5名で実施されました。


c0180460_00032556.jpg

全員が集まるまでに、今年から子供たちに「貝のコマと貝の笛遊び」にチャレンジしてもらい、うまくいった人にはプレゼントするというお楽しみはとても好評でした。



c0180460_00034390.jpg
いつもの危険生物の学習をとても熱心に終えて、海に出発!



c0180460_00044112.jpg
最初にカーミージーの岩場で12万年前にできた柔らかい琉球石灰岩の粟石(あわいし)が自然の力で削られた甌穴(おうけつ、ポットホール)と



c0180460_00050250.jpg
同じ浸食地形のノッチとともに



c0180460_00051900.jpg
大正から昭和の初めに石材として切り出した石切り場の跡を見学をしてもらいました。



c0180460_00070473.jpg
カーミージーの方に回り、大きな岩に着いたフジツボ、オハグロガキ、オニヒザラガイはみんな生きていて潮が満ちるとプランクトンを食べてきれいな海を作っていることを学習しました。



c0180460_00080949.jpg
岩がごろごろしているところに出て、一人一個以上の岩をめくり生きものを観察し、観察したら元通りにしてもらうと、たくさんの生きものに出合えました。



c0180460_00085073.jpg
毒をもつというヒョウモンヒラムシ(左)とアメフラシ、



c0180460_00092157.jpg
二枚貝のシャコガイ、



c0180460_00101298.jpg
オウギガニの赤ちゃん、



c0180460_00104659.jpg
海藻をまとったイッカクガニ、



c0180460_00121940.jpg
貝殻を脱いだイソアワモチ、



c0180460_00125661.jpg
クモヒトデ、




c0180460_00162546.jpg

海藻のガラガラ、



c0180460_00184380.jpg
ベニツケガニの赤ちゃん(左)とヘビギンポ、



c0180460_00194497.jpg
貝のイボヨフバイの赤ちゃんなどに出合って豊かな自然にびっくり!



c0180460_00202670.jpg
岩場の一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に住み着いた二枚貝の住み家で、



c0180460_00211290.jpg
岩の表面にびっしりとくっついたヘリトリアオリガイが満潮時にプランクトンを取り込む食事をし、きれいな海を作っていることも学びました。



c0180460_00215385.jpg
最後にカーミージーで一番危険な潮の干満時に川の流れのようになる場所の説明をし、帰り道にアーサを積んでお土産にしてもらいました。



c0180460_00222405.jpg
子供たちは「アーサをとったぞ~~!」ととてもご機嫌でした。



c0180460_00231857.jpg
天気も良くいろんな生き物に出合い、アーサのお土産付きのとても楽しい観察会を無事に終えることができました。

c0180460_00252822.jpg



[PR]
by kamijiasobi | 2018-02-19 10:59 | Comments(0)

下見&アーサ摘み

2月18日の今年初めての「カーミージーの海で遊び隊」の観察会の下見とアーサつみを兼ねて3人の隊員で出かけました。



f0338188_14503639.jpg
アーサつみには楽なように、まだ潮が満ちている時間に出かけました。



f0338188_14505796.jpg
海藻のアーサが波に揺られながら水中で立った状態で先のほうだけを摘み取っていくと砂もつかず、先の方は摘んでも根っこの方が残り、また成長していくというエコな摘み方になります。



f0338188_14512057.jpg
途中に浅瀬でおぼれかけていたハリセンボンを助けてやるとふくれっ面になり、



f0338188_14514123.jpg
海に逃がしてやっても膨らんだままですぐに逃げ出さずに、助け甲斐のないハリセンボンでした。



f0338188_14520075.jpg
30分間で摘んだアーサは2時間かけてゴミや砂を取り除き市販のものと同じくらいきれいにできることからアーサの値段が高いことが納得できました。




一区切りついて持ってきた自家製おにぎりを頬張りながら3人でいろいろユンタク(おしゃべり)を楽しみました。



f0338188_14523493.jpg
その後は潮の引いた海岸を歩き回り、2月18日の観察会の下見をすると、岩の下にはスジホシムシがいて感触を確かめたり、



f0338188_14525970.jpg
岩の裏に住みついたたくさんの貝のカイシアオリや



f0338188_14533994.jpg
アマオブネガイのご夫婦とその白い卵塊(左)とゴカイの住み家、



f0338188_14534939.jpg
クモヒトデ、



f0338188_14534473.jpg
触ると危険なウミケムシ(左)と毒のきついニセクロナマコのヤング、



f0338188_14555828.jpg
ハチジョウダカラの若貝などに出合いましたので、



f0338188_14562756.jpg
2月18日の観察会がとても楽しみで~す。





[PR]
by kamijiasobi | 2018-02-16 16:45 | Comments(0)

アーサ摘み①

去年はアーサがとても不作でしたが、今年は寒くなるのが早く大きな寒波もたくさんやってきたせいか、アーサのつきがとてもいいようです。



f0338188_12240166.jpg

この3月3日に三年来のお付き合いになる「福島避難者のつどい・沖縄じゃんがら会」のアーサ摘みが入り、是非ともアーサ汁を食べてもらおうと思い、材料集めのアーサ摘みに取り組みました。



f0338188_12173979.jpg
一回目の1月16日~18日の3日間、隊員の都合がつかず私一人でアーサ摘みをしました。



f0338188_12180488.jpg
30分間摘んだアーサを4倍の2時間かけてきれいにするのが大まかな目安になります。



f0338188_12202726.jpg
最初は潮の引いた時にアーサ摘みをしたため、砂が混じってしまいきれいにするのに時間がかかりましたが、



f0338188_12204186.jpg
二日目から潮が満ちている時にアーサ摘みをすると砂はほとんど混じらずとても効率がよくなり、


f0338188_12194790.jpg
3日間で30人分くらいのアーサを確保することができました。



f0338188_12193246.jpg
2月にはもう一度隊員さんが家庭で食べられるようにアーサ摘みをしようと思っていま~す。



f0338188_12191502.jpg
みなさんも自然の恵みを求めてカーミージーの海に出かけてみませんか?!







[PR]
by kamijiasobi | 2018-01-24 12:14 | Comments(0)

今年最初のパンフレットと観察会の案内チラシの配布にAさんといっしょに出かけました。


f0338188_23501721.jpg
お世話になっているみなさんとは今年初めて顔を合わせるので、遅まきながらの新年のあいさつを交わし、「ことしもよろしく!」とお願いして回りました。



f0338188_23550529.jpg

パンフレットには今年1年間の年間計画を折り込んで配布しました。



f0338188_23533967.jpg

1~4月の観察会の案内チラシは1400枚を配布しました。



f0338188_23590465.jpg

前日までに海の出入り口のフェンスにラミネートをした新しいきれいなチラシと魚類の仲間の写真①~④を張り替えておきました。




<パンフレットとチラシの配布先>を載せておきますので、手に取って観察会への参加を検討してみて下さい。


海の出入り口のフェンス、隠れ家喫茶・清ちゃん、浦添市立歴史にふれる館、NEOSU、COOP牧港店、宜野湾市立博物館、浦添市役所玄関ロビー、市長室・秘書課、市環境保全課、浦添市立中央公民館、浦添市立図書館、緑ヶ丘自治会館、伊祖自治会館、パーラー幸、環境省・漫湖・水鳥湿地センター、県立図書館、那覇市立ほしぞら公民館、県立博物館、泡瀬・ウミエラ館、海洋博研修センター


f0338188_23545140.jpg

今年に入ってリピーターの方々からブログを見ての参加申し込みが入り出していますので、申し込みは早目にお願い致します。





[PR]
by kamijiasobi | 2018-01-11 10:54 | Comments(0)

イソギンチャク巡り

昨夜、潮の引きが大きすぎて地形が変わって見えたため、見つけることができなかったイソギンチャクを探しに水位は62cmと高めでしたが、昼のカーミージーの海に出かけてみました。



f0338188_08592575.jpg
夜でも簡単に見つかったふたつのイソギンチャクを確認し、一つの体を棒で触れると「白い煙幕?」のようなものを吐き出し、こんなことは初めてでビックリ!何なのでしょう???



f0338188_09010276.jpg
夜に見つけられなかったイソギンチャクをGPSで探しまわると、岩と同じ色をしていて夜なら見逃してしまうのが当たり前のようなイソギンチャクをやっと見つけることができ、白化現象も回復し大きなイソギンチャクエビが住みついていてほっとしました。



f0338188_09013223.jpg
四つ目のイソギンチャクは夏の白化現象が回復していて胸をなでおろしました。



f0338188_09015586.jpg
五つ目のイソギンチャクは水深があるため、夏の白化現象にあわずにすみ、嬉しいことにかわいいカクレクマノミも一匹住みついてくれていました。



f0338188_09022095.jpg
六つ目のイソギンチャクは五つ目と同じ条件下にあったので、白化現象にあわずにすんだようでしたが、残念ながらまだ生きものは住みついていないようでした。




他のイソギンチャクはもっと水深があるので、今日は行けませんでしたが、白化現象がすべて回復していることが確認できてとても嬉しかったで~す。



f0338188_09025052.jpg
帰り道、海に放牧場の牛のように貝を養殖している「マイ放貝場」に寄ると、シャコガイの仲間のジャゴウが少し移動したようで少し探し回りましたが、一回り大きくなった姿を確認することができ嬉しくなりました。



f0338188_09033781.jpg
また、歩いているとアナダコが自分で身の危険を感じてスミを吐いて逃げて行きましたが、



f0338188_09040771.jpg
海で本物の凧(タコ)に出合ってビックリ!



f0338188_09041596.jpg
お正月の凧揚げを楽しんでいて糸が切れてここまで飛ばされてきたようで、タコに逃げられて凧を拾ったなんて笑ってしまいました。









[PR]
by kamijiasobi | 2018-01-05 08:59 | Comments(1)

今年の最大干潮の-33cmの水位という貴重な日ので、「カーミージーの海で遊び隊」の夜の研修会を開催しました。



f0338188_00220647.jpg

MさんとAさんとの三人で真夜中の12時に集まって夜の海に繰り出して、最初に感じたのは、海藻の多さでした。



f0338188_00223419.jpg

例年より早く寒くなったためにたくさんの海藻が成長しているようですし、



f0338188_00225243.jpg

食感がシャキシャキしたチヌマタや



f0338188_00232004.jpg

立派なイソスギナや



f0338188_00235026.jpg

ホンダワラの仲間もたくさん見られ、



f0338188_00253147.jpg

高い位置にある岩には濃い緑色のアオサ(アーサ)がたくさん付いていてビックリ!



f0338188_00274064.jpg

海草藻場にいるイソギンチャクは白化現象も早くに回復し、イソギンチャクエビのご夫婦が住みついていましたし、



f0338188_00281998.jpg

夏場は真っ白になってしまい、なかなか回復せずそのまま死んでしまうのか?と心配したイソギンチャクも回復し、1~2cmぐらいのカクレクマノミもすみついていてほっとしました。




夏以後に大きな台風が連続して沖縄にやって来て海水をかき混ぜ水温を下げ、気温も下がり寒くなるのが早かったお蔭で、サンゴやイソギンチャクの白化現象が回復したものと思われました。



f0338188_00291232.jpg

三つ目のイソギンチャクはGPSを使っても潮の引きが大きすぎて地形が変わって見えるため見つけることができませんでしたが、普段の海底に立つことができたので、



f0338188_00294692.jpg

ティラジャー(マガキガイ)を石ころをひろうようにできて三人が童心にかえって「あった!」「ここにもいた!」と楽しむことができました。



f0338188_00301593.jpg

一食分を取り終えるとあとは取りすぎないように気遣い、「見つけても採らない!」と決めて帰路につきましたが、たくさんの赤い目をしたイワオウギガニ、



f0338188_00304832.jpg

横たわって寝ているギンポの仲間、



f0338188_00310896.jpg

交尾中のタツナミガイ、



f0338188_00313814.jpg

大きなアオヒトデ、



f0338188_00315829.jpg

毒針を持つ大きなイモガイ、



f0338188_00321660.jpg

強い毒を持ち食べると怖いスベスベマンジュウガニ、



f0338188_00323495.jpg

仲良しご夫婦のイシヨウジ、



f0338188_00325694.jpg

寝姿のダンダラトラギス、



f0338188_00331372.jpg

コブラの100倍の毒を持つというエラブウミヘビ、



f0338188_00332787.jpg

かわいいヒトデ、



f0338188_00334161.jpg

マギー(ビッグの沖縄語)なイソアワモチなどに出合い、楽しい夜の海の2時間があっという間に過ぎ去ってしまいました。








[PR]
by kamijiasobi | 2018-01-04 22:19 | Comments(0)

謹賀新年




f0338188_03585074.jpg

2018.1.1




今年は戌(いぬ)歳ですね。




戌と言えばすぐに「忠犬ハチ公」を思い出しますが、賢くて人間に尽くす動物という印象が強いですね。



f0338188_04105718.jpg

このワンちゃんはカーミージーの海が干潮になるとご主人さまといっしょに散歩を楽しんでいて、会うたびに口笛を吹くとしっぽを振って大喜びし私の周りをぐるぐる回り、



f0338188_04101689.jpg


途中立ち止まってはこちらを見上げてカメラ目線を見せ、またしっぼを振りながら走り回ってとても嬉しそうにしてくれます。




カーミージーの海では海の生きもの以外にもたくさんの出会いがあり、とても楽しいで~す。


f0338188_04133982.jpg


今年も飛躍の年にしたいと思いますので、みなさんよろしくお願い致します。



f0338188_04172033.jpg









[PR]
by kamijiasobi | 2018-01-01 06:53 | Comments(2)

来年のチラシの完成

来年のチラシが完成し、ラクスル印刷から届きました。



f0338188_17473614.jpg
来年の観察会は2月がスタートで、4回分の観察会が案内されていますので、参加者のみなさんはつごうのいい日を選びやすくなっています。



f0338188_17473073.jpg
裏面は「カーミージーの生きものシリーズ」No.4の~魚の仲間④~で、次からは~貝の仲間~になります。




ご期待下さい。



f0338188_17471485.jpg
来年度の年間スケジールも載せておきますので、ご活用下さい。


[PR]
by kamijiasobi | 2017-12-06 17:48 | Comments(0)

総会&忘年会


今年度の総会&忘年会の日がやってきました。



f0338188_16384894.jpg

夕方にはお寿司さんの桶や竜田揚げが届き、野菜の煮込みや野菜サラダや



f0338188_11511211.jpg

「黒いダイヤ」のイソアワモチ料理も出来上がり、準備OK!となりました。



f0338188_16393221.jpg

夕方6時からだんだんと集まり、人数がそろうたびに乾杯をして盛り上がって行きました。



f0338188_16442855.jpg
6人の参加者はそれぞれの故郷の紹介やふるさと自慢を披露し、とても雰囲気もよくなり、カーミージーの海で遊び隊の活動に参加するようになったいきさつの話はお互いにとても新鮮でした。



今年一年の活動ではカーミージーの海の良さがさらに広まったものの参加希望に応えきれていないため、来年は月二回開催を試みることや

黒字になった分を積み立ててパンフレットの改訂三版を作成し、

隊員の福利厚生面の充実を図っていくことなどが報告され、

新しい活動可能な隊員を募集していこうという提案もあり、遊び隊の発展した姿と充実度を感じました。



f0338188_16450131.jpg
このことは献身的な隊員さんの活動に支えられてきた証で、日頃の隊員さんのご苦労に報いるために好きなものを持ち帰ってもらうコーナーを設けていました。




Aさんは焼き物のフクロウを、Maさんは釣り具一式を、Muさんは「クチャ」と「健身球」を、Tさんは万華鏡セット
を持ち帰ってもらい、引っ越し荷物が少し減って助かりました。ありがとうございました。

大いにユンタクし、今年の活動を締めくくることができました。




みなさんお疲れさま、ご協力ありがとうございました。


f0338188_16452772.jpg

来年もよろしくお願い致しま~す。






[PR]
by kamijiasobi | 2017-12-04 16:37 | Comments(0)

イソアワモチ料理②

12月3日のカーミージーの海で遊び隊の総会・忘年会で隊員のみなさんの日頃のご苦労に感謝してイソアワモチ料理を食べて頂こうと2か月前から準備をしてきました。



以前に一度チャレンジしたこと(2013.7.17、参照)がありましたが、大変だったことやあまり上手くできなかったこともあって遠のいていましたが、近くのお寿司屋さんで柔らかくトロっとしたおいしい「イソアワモチの味噌煮」を頂く機会があり、色々とノウハウを教えて頂いたので、再度チャレンジする意欲が出てきました。



f0338188_11395572.jpg
イソアワモチは普段、見つけても写真だけを撮るのですが、総会・忘年会に向けて大潮の前後の6日間ほどを干上がった岩場を歩き回ってできるだけ大きなイソアワモチをゲットして、冷凍保存しておきました。



f0338188_11404534.jpg
前回の失敗を生かし、冷凍したイソアワモチを海岸のあたためられた砂でもみ洗いしながらぬめりを取る作業は、すべてカーミージーの海岸で取り組みました。


f0338188_11415103.jpg

ぬめりは何度も何度ももみ洗いをしてもなかなか取れませんし、


f0338188_11415663.jpg
ぬめりを取っていくと内臓も飛び出し、


f0338188_11425148.jpg
イソアワモチがどんどんとしゅぼんで行き、最初の三分の一くらいにかさ低くなっていきます。




人間と同じように体のほとんどが水分でできていることがよく分かりました。



f0338188_11433089.jpg
ぬめりを取っていると体に着いた汚れも全て落ち、とてもきれいな体色や模様が見られるようになり、奥さんもビックリ!していました。



f0338188_11441298.jpg
この状態になってイソアワモチの体を半分に切り、内臓の残りをきれいに取り除き、海水できれいにすすいで家に持ち帰りました。



f0338188_11443008.jpg
それでも家に持って帰ってから、もう一度丁寧に水洗いしてタッパーに冷凍保存しておきました。



f0338188_11474350.jpg
前回はこれらの作業を家でやり、大変だったことの反省を生かした取り組みでしたが、これらの工程は4~5時間かかり、これを三回繰り返しました。



f0338188_11483588.jpg
いよいよ総会・忘年会の前日になり、冷凍保存しておいたイソアワモチの調理に取りかかりました。



f0338188_11491580.jpg
フライパンに水を張り、


f0338188_11493813.jpg
イソアワモチを沸騰直前の弱火の状態で8時間とろとろと煮込んで柔らかくしていきました。



f0338188_11500457.jpg
するとアクや汚れがまだまだたくさん出て、何度も水替えをしなくてはならなくて、そのたびに最初の四分の一くらいにかさ低くなっていきました。



f0338188_11502433.jpg
試食してみるととても柔らかくなってきたもののなんとジャリッとまだ砂が残っているので、もう一度水洗いをしていきましたが、小さくなってしまったものはなかなか指先では扱いにくくて残念ながら残り半分は処分してしまいました。




半部に切る作業は家に持ち帰ってから最後にすることが大切なことを今回新たに知りました。



f0338188_11511211.jpg
そんなこんなで最後に柔らかくなったイソアワモチにみそと砂糖とお酒を少し入れてみそ炒めにしてでき上がた量は最初の十二分の一ほどの量で、まさに「黒いダイヤの貴重品!」となり、「みなさんにおいしい!」「磯の香りがしてとてもいい!と好評だったので、苦労した甲斐がありました。



f0338188_11515238.jpg
皆さんもチャレンジしてみて下さ~い。






[PR]
by kamijiasobi | 2017-12-02 11:38 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!