夜の観察会

11月22日の真夜中、第三回目の観察会に参加の20名がカーミージーの駐車場に集まりました。

f0338188_0532336.jpg

全員が集まるまでに危険な生物を写真や実物で説明をし、

f0338188_120311.jpg

全員が揃うと「カーミージーの海で遊び隊」の説明や、港川自治会長の銘苅さんのお話を聞いてから海に繰り出しました。

f0338188_1212135.jpg

みなさんカーミージーの海は初めてですし、まして夜に出かけるなんて初めての経験で、ライトに驚いて飛び跳ねるグルクンの幼魚にビックリ!

f0338188_1333959.jpg

トゲアナエビ釣りは「強く引く!」「面白い!」とこどもも大人も夢中になって楽しめましたし、

f0338188_134192.jpg

ライトを消してのヤコウチュウ(夜光虫)の輝きや秋~冬の星座に感動されていました。

f0338188_1363026.jpg

ライトをつけて歩き出すとオオイカリナマコなどのナマコ類、

f0338188_1375571.jpg

ぼろ靴のようなタツナミガイ、

f0338188_1385844.jpg

眼が光って見えるエビ、

f0338188_141619.jpg

岩の上にいるイソアワモチ、モンブランのようなゴカイのウンコ、

f0338188_1415484.jpg

珍しいカニのモズクショイ、

f0338188_1431668.jpg

コクテンフグの幼魚、

f0338188_1471457.jpg

珍しいナンヨウツバメウオの幼魚に出会えました。

f0338188_148682.jpg

貝のイトマキボラは会長さんが、「食べたらおいしいよ!」と教えてくれました。

f0338188_150277.jpg

2時間半の楽しい観察会のレポートを送ってくれた小学生もいて、とても嬉しかったで~す。
[PR]
# by kamijiasobi | 2014-11-23 14:49 | Comments(0)

観察会の下見

明日の観察会を前にして、カーミージーの海のようすがどうなっているかを知りたくて夜中の12時に出かけました。

f0338188_032224.jpg

雲が多く秋~冬の星座は観られませんでしたが、水面をライトで照らすとグルクンの幼魚が驚いて飛び跳るようすが見られ、

f0338188_0345856.jpg

トゲアナエビが穴から顔を出し、

海草藻場でライトを消しての夜光虫とウミホタルの輝きを楽しむことができました。

f0338188_0374855.jpg

岩場の上にはたくさんのイソアワモチがウンコをしながらエサの泥や藻類を食べていました。

f0338188_0405564.jpg

新しく見つけたイソギンチャクは元気にしていましたが、棲みついていた一匹のニモ(カクレクマノミ)の姿は見つかりませんでした。

死んでしまったか、食べられてしまったか、いろいろ考えられますが、あまりにも水深が浅いので、別のイソギンチャクを探す旅に出たのではないかと想像しています。

f0338188_0423282.jpg

帰り道で、タツナミガイの大きい個体を見つけたので、2m四方を探すともう一匹いてどうやらご夫婦のようで、

f0338188_0431535.jpg

冬がタツナミガイの恋の季節のようでした。

f0338188_0451420.jpg

ライトの光にエビの目が輝いてとても目立つので、

f0338188_045532.jpg

いい写真を撮ることができました。

f0338188_0464950.jpg

イソギンチャクがエサを採ろうと姿を現していますが、ちょっとさわるとピュッ!と砂の中に隠れるのが面白いですよ。

f0338188_047378.jpg

ティラジャーも1Kgほど採れたので、明日の観察会が楽しみで~す。
[PR]
# by kamijiasobi | 2014-11-21 13:25 | Comments(0)

観察会の準備OK!

今月から夜に潮が良く引くので、11月23日(日)の真夜中に観察会を実施することになりました。

f0338188_12335917.jpg

今朝のタイムス新聞のインフォーメイションコーナーにも募集要項が載っていましたが、案内チラシがもう少し詳しいので、ここにのせておきます。

f0338188_12324893.jpg

今日は朝から、カラーの案内チラシを写真用紙に印刷し、ラミネートをかけてポスターにし、

f0338188_12351715.jpg

近隣自治会の掲示版や図書館に貼らせて頂き、

f0338188_1235405.jpg

海の出入り口や地元のお店にも張らせて頂きました。

f0338188_1236462.jpg

市役所のまちづくり推進課や環境課には黒刷りの案内チラシをたくさん置かせてもらいましたし、中央公民館にはポスターやチラシもおかせて頂きました。

f0338188_12362881.jpg

夜の海はライトが頼りですので、必ず一人ひとつを持ち、

f0338188_12363855.jpg

新しい電池に入れ替えておいて下さい。

f0338188_12365020.jpg

夜に活動する生きものに出会えますし、ライトを消すと昼間とは別世界が味わえます。

f0338188_12371145.jpg

海草藻場にすむウミホタル(海蛍)や

f0338188_12372515.jpg

ヤコウチュウ(夜光虫)が幻想的に光り輝き、空を見上げるとオリオン座や冬の大三角形が輝いています。

f0338188_12383579.jpg

ぜひ一度、夜のカーミージーの海の世界を体験してみて下さい。

f0338188_12381727.jpg

お待ちしています。
[PR]
# by kamijiasobi | 2014-11-07 12:30 | Comments(0)

いつもの観察会のように、潮が引いたイノーの干潟に出られなくても観察会ができないものかと調査に出かけました。

f0338188_12183444.jpg

岸辺のそばの岩場には、びっしりとヘリトリアオリガイがついていて、

f0338188_12152591.jpg

このあたりに分布する牧港石灰岩(粟石)が柔らかいので削り取られたくぼみの甌穴(おうけつ)の潮溜まりにはたくさんのゴマフニナが生活しており、

岸辺の岩場にはたくさんの小さな穴がたくさん開いていて、いろんな生きものが生活する集合住宅を作っています。

f0338188_12162479.jpg

小さい穴が二つ並んでいるのは岩の中に穴を掘って生活する穿孔貝(せんこうがい)の吹管と吸管(スーパーで見かけるアサリやハマグリの吹管と吸管と同じ)で、大きい穴はカニのなかまの住み家で、小さいひとつの穴はエビの仲間の甲殻類の住み家で~す。

f0338188_12203231.jpg

また、岩の表面には、黄色い渦巻のようなウミウシの仲間の卵が、たくさん産み付けられていました。

f0338188_12223281.jpg

岩をめくるとたくさんの黒っぽいゴカイの仲間のような生き物にも出会いビックリ!

f0338188_12231032.jpg

春の陽気の中に浮かぶどっしりしたカーミージーの姿も雄大でした。

f0338188_1224586.jpg

さらに岸辺を歩くと、海面に沈むことの少ないオハグロガキや

f0338188_1224337.jpg

クロフジツボの集団の姿が見られました。

f0338188_12245060.jpg

カーミージーのそばでは、粟石の採石場の跡もみられますし、

f0338188_1225348.jpg

自然の力が形作った浸食地形のノッチや

f0338188_1226946.jpg

たくさんの甌穴群もみられます。

f0338188_12272139.jpg

また、磯釣り場としても有名なカーミージーの岩場の頂上には国土地理院の三角点もあり、

f0338188_12284661.jpg

カーミージー全体の海も見渡すこともできます。

そんな訳で岸辺を歩くだけで盛り沢山な内容の観察会が可能なことが分かりました。
[PR]
# by kamijiasobi | 2014-10-30 12:11 | Comments(0)

とてもいい天気に誘われ、久しぶりのカーミージーの海に出かけました。

f0338188_11581645.jpg

散策していて一番目に着いたのは、砂茶わんの多さでした。

f0338188_11584572.jpg

港川小学校の観察会の時期にはあまり出会えず、

f0338188_11591564.jpg

必死に探してやっと見つけることができたのに、不思議ですね。

f0338188_11593713.jpg

今の時期が旬なのかもしれませんね。

f0338188_12016.jpg

いろんな種類や形に出会い、ビックリ!

新しいカクレクマノミのすむ場所には、もう迷うことなく行きつけるようになりました。

f0338188_120335.jpg

とても元気よく、指を出すとしっかりかみつきに来ますし、

f0338188_1205898.jpg

1.5cmに成長していて、嬉しい限りでした。

f0338188_1212389.jpg

浅瀬にたくさんの小魚が群れているのを、何人かが投網で捕えているのに出会い、

f0338188_1214966.jpg

見学させてもらうと、イワシのなかまのミジュンだと分かりました。

f0338188_1224593.jpg

骨もやわらかく、刺身にして食べるのがおいしい!そうで~す。

f0338188_127626.jpg

また、岩場に1cmほどの小さなイソアワモチが動き回っていて、これも旬なのかもしれませんね。

f0338188_1272497.jpg

カーミージーのそばで、

f0338188_1274359.jpg

シュノーケルで魚をついている人にも出会い、

f0338188_128954.jpg

話を聞くと「外洋の方に行かないと魚はいない!」そうでした。

f0338188_1284899.jpg

残波岬まで見渡せるとても穏やかな秋晴れの海の散策を楽しむことができました。
[PR]
# by kamijiasobi | 2014-10-22 11:54 | Comments(0)

素晴らしい自然の残るカーミージーの海で楽しく遊びましょう!